会社概要
漢方養生研究所 KHL(Kampo Health Laboratory)
日本の「21世紀の国民病」といわれる肝炎。
そのほとんどを占めるC型肝炎の患者数は、約200万人。 やがて肝硬変から肝ガンへと移行していくことを考えると、その対応策が急がれています。
また慢性の腎臓病も深刻で、2007年の患者数は1300万人。 そのうち人工透析患者数は、26万人。年々増え続け、医療費全体の4%、1兆3000億円の人工透析費用がいまや医療費を圧迫しているのが現状です。
こうした深刻な事態の改善に少しでもお役に立てないかと、漢方養生研究所は1999年の創立以来、肝臓と腎臓に特化した漢方の研究開発を進めてまいりました。 本格的な高齢社会を迎える中、病気にならないために、あるいは病気になっても、その人の生きる喜びに貢献することをモットーに、日々邁進しております。


会社名

漢方養生研究所
KHL (Kampo Health Laboratory)

創立

1999年6月

代表取締役

事業内容

アメリカ、ヨーロッパにおける特許管理
養生食品の研究開発と輸出入
当社が開発した養生食品に関する世界的な研究への支援
養生科学を発展させるための基金運営、人材育成
養生関連の情報発信と配信
養生学を発展させるためのセミナーの開催

主取引先

株式会社トーハン

本社所在地

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-5-11-507
電話 03 5952 9258
ファックス03 5952 9265
メールmail
養生食品の研究と開発を行っています。 株式会社 協通事業のサイトへ