研究情報

研究情報

肝臓

「養生片仔癀」による血中ALT(GPT)とAST(GOT)に対する効果 1

謝心範、原田雅義、矢内原昇

1999/12/12~16

第3回国際臨床ウイルス性肝炎学会/ハワイ

概要:

養生片仔癀は様々な種類の肝臓病患者において、増加した血中ALT(GPT)とAST(GOT)を明らかに減少させることが判明した。

新漢方処方「養生片仔癀」の肝臓病患者における血中ALT(GPT)およびAST(GOT)に対する効果

[背景]
新漢方処方「養生片仔癀」は田七、杜仲(若葉、木部、実)、黄精、甘草、ショ糖エステルを成分とし、既に、起炎剤としてD-グルコサミンを用いたラットの実験の肝障害モデルにおいて、 血中ALT(GPT)とAST(GOT)を減少させることを確認している。 今回の研究では更にC型ウイルス性肝炎を含む肝臓病患者に対する効果を調べた。

[方法]
医療機関医師の指導のもと、肝臓病患者に本品0.5gを1日3回毎食後に経口投与した。

[結果と結論]
C型肝炎の患者4名を含む7例の「養生片仔癀」を使用した肝臓病患者において、使用開始後10日でALT(GPT)とAST(GOT)の数値が著しく減少した。 C型肝炎の4名の患者において平均してALT(GPT)が21%、AST(GOT)が72%に減少していた。
これらの結果より、「養生片仔癀」は様々な種類の肝臓病患者において、増加した血中ALT(GPT)とAST(GOT)を明らかに減少させることが判明した。

研究情報一覧