研究情報

研究情報

肝臓

「内因肝臓酸化防止系に対するK-17.22の栄養学的アプローチの効果」

F.マロタ、M.原田、N.矢内原、G.M.イデオ、M.G.シール先生、C.C.ウー、P.サフラン、G.Ideo2、肝-消化器部、S. ジュゼッペ病院、MCH病院、矢内原研究所、SFJO&Labs、外科部Vet病院

2001/9/20~22

イタリア膵臓研究学会/イタリア

概要:

C型肝炎患者に対してトランスアミナーゼ低下効果のある自然成分K-17.22を虚血再灌流障害によりフリーラジカル関係肝臓損傷に対して有効であることが示唆された。

「内因肝臓酸化防止系に対するK-17.22の栄養学的アプローチの効果」

本研究ではC型肝炎患者に対してトランスアミナーゼ低下効果のある自然成分K-17.22を虚血再灌流障害によりフリーラジカル関係肝臓損傷に対してテストした。

ウィスター系ラットをA及びB群に分け、以下のような食餌で2週間飼育した。

A)標準的食餌
B)標準的食餌にK-17.22(養生片仔癀:協通事業)30mgを加えた典型的な虚血/再潅流障害の肝臓モデル

を作製し、60分間の再潅流の後、肝組織血流を測り、ラットを処理した。別に生存試験も行い、以下のパラメーターを検討した。すなわち肝組織過酸化物、SOD、カタラーゼ、GSH代謝、肝組織血流、ESRによるK-17.22のラジカル補足能である。60分間の再潅流の後、B群は有意に低いMDAレベル(p<0.05 vs. 対照群)を示した。肝臓抗酸化防御システムの全体的な損傷(p<0.001)とともに特にGSHとGSH-Pxは正常値に戻りGPTも有意に低下した。(p<0.05)

K-17.22は過酸化物にも水酸其ラジカル系にもラジカル補足能を示さなかった。虚血/再潅流現象はA群において肝組織血流約40% (p<0.001 vs シャムオペ)の低下を示した。K-17.22前処理群では血行動態パラメーター(p<0.05 vs. 未処置群)の回復を可能にした。肝虚血後の生存率は20%にすぎなかったが、B群では45%の生存率(p<0.05)を示した。本研究の栄養学的アプローチは直接的なインビトロ作用とは関係のない内因性フリーラジカル補足剤に対し、顕著な強化作用を提供するものと考えられる。

研究情報一覧