株式会社 協通事業のサイトへ
研究情報
 
★漢方養生研究所
(KHL=Kampo Health Laboratory)
漢方養生研究所(KHL)が一貫して行ってきたのは、人々の健康を願い、人々の生きる喜びをサポートすることです。 それには肝機能と腎機能を正常に維持することが最も重要であると考え、その生命力強化の養生食品の開発と研究に取り組んでまいりました。 以下の研究情報は、これまで世界中で発表されてきたKHLの養生食品に関する論文です。 その主たる狙いは、健康食品はエビデンス(科学的な根拠)がないからダメだとされる風潮に対する証明です。
2009年、厚生労働省が重い腰を上げ、これから3年間にわたってガンに効果がある健康食品を対象に、エビデンスの資料収集を始めることになりました。 やっと人々の健康を願い、長年取り組んできた努力が報われる日が、近づいてくるかもしれません。
設立 1999年6月設立
業務内容 * 肝・腎機能の改善効果、がんの抑制効果、治療用医薬品副作用抑制効果、運動能力向上効果、インフルエンザ予防と早期退治効果を実現した原料と生産加工技術の発明特許の応用と管理
* 生命力強化と養生技術・製品の研究と開発、普及推進
* 学術交流の推進<
学術交流 MIT―ILP(アメリカ・マサチューセッツ工科大学 産業学際会)
日本肝臓学会
和漢医薬学会
日本補完代替医療学会
   
 

肝臓

腎臓

アテローム性動脈硬化症の進行と遺伝子発現の関連性: 植物療法エージェントからの防護効果

Marotta F、Harada M、Minelli E、Yadav H、Lorenzetti A、Locorotondo N

学会名:第4回 加齢をとるに足りないものにするための工学的戦略/場所:イギリス

2009/9/3~7

肝臓

腎臓

「田七杜仲精」の老化現象に対する予防的効果 2

発表者:F.マロタ、原田、E.ミネリ、SK・オノ-ニタ、P・マランドラ

会議名:SENS3会議/場所:イギリス

2007/09/06~10

概要:

老化にともない、生物の免疫システムが脆弱になることから、田七杜仲精を高齢マウスに投与して肝臓と膀胱の壊死性炎症を調べ、ある程度、改善する結果を得た。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

がん

「養生片仔癀」の非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)に対する有効性

発表者:N Chande, M. Laidlaw, P Adams and P Marotta

掲載誌:「ダイジェスティブ・ディジーズ・アンド・サイエンス」

2006/7

概要:

薬の真の治療効果を検出できるプラセボ対照試験を実施して調べた結果、「養生片仔癀」が、NASHに対して肝機能障害を起こすとその値が高くなる酵素ALT(=GPT)値を有効に下げることが判明した。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

がん

「養生片仔癀」による肝臓ガンの抑制効果

発表者:マロタ、原田、ゴー、ロレンゼティ、ゲロサ、ミネリ

掲載誌:「アナルズ・オブ・へパトロジー」

2006/10

概要:

肝ガンを誘発して「養生片仔癀」をマウスに投与して調べると、肝ガン形成を抑制する効果を得た。このことから機能性食品として大規模な臨床応用にも使用できる可能性が示唆された。

詳しい研究内容はこちら

インフルエンザ

栄養補助食品「無問題」によるインフルエンザに対する症状改善効果

発表者:共同研究

学会名:第4回ヨーロッパ老年栄養と健康学会/場所:フランス

2006

概要:

難しい老齢動物の臨床応用に、「無問題」が優れた安全性をもっていることが確認された。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

腎臓

「田七杜仲精」の老化現象に対する予防的効果 1

発表者:共同研究

掲載誌:「アナルス・オブ・ザ・ニューヨーク・アカデミー・オブ・サイエンシズ」

2006

概要:

活性酸素は、生物の細胞がエネルギーを取り出す時に必ず発生するもので、病原菌を攻撃すると同時に自らの細胞をも傷つけてしまう。「田七杜仲精」は、老化したマウスの酸化障害を抑制することが示唆され、老化の原因物質の低下に有効に作用することが考えられる。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

腎臓

「田七杜仲精」による運動機能促進の効果

発表者:ジュリー・コンカー 博士

実験場所:カナダ・グエルフ大学 ジュリー・コンカー博士の実験/カナダ

2003/6

概要:

「田七杜仲精」を投与したグループとそうでないグループとを比べたところ、投与したグループの10人中7人に、疲労するまでの時間に延長が見られた。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

がん

「養生片仔癀」のC型肝炎に対する治療効果 2

2002/11/14~15 日本肝臓学会・山梨シングル・トピック・コンフェレンス

学会名:日本肝臓学会・シングル・トピック・コンフェレンス/場所:山梨

2002/11/14~15

概要:

薬草療法剤 K-17.22をラットに投与して調べたところ、肝細胞のDNA合成を活性化させるのみならず、血漿ならびに肝臓組織を毒性から保護する効果が得られた。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

がん

「養生片仔癀」による肝臓の繊維化に対する治療効果

発表者:F Marotta Y Rahman-Shield E Minelli A Helmy E Oliva P Safran 原田雅義(東明会原田病院)

学会名:日本肝臓学会・シングル・トピック・コンフェレンス/場所:山梨

2002/11/14~15

概要:

「養生片仔癀」の成分の一つである薬草療法剤 K-17.22をラットに投与して調べたところ、投与しないラットに比べて、明らかに肝臓の繊維化を抑制する効果のあることが確認された。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

がん

「養生片仔癀」による肝臓疾患に対する総合的効果の検証

発表者:F Marotta Y Rahman-Shield E Minelli A Helmy P Safran 原田雅義(東明会原田病院)

学会名:日本肝臓学会・シングル・トピック・コンフェレンス(優秀賞受賞)/場所:山梨

2002/11/14~15

概要:

患者については2~3ヶ月毎に生化学的、臨床的検査を詳細に行った。
全患者のGPTは正常値まで低下した。5患者については1年後、6番目の患者については18ヶ月後に再度肝生検を行ったが、線維化および炎症性浸潤に有意(p<0.05)な改善が見られた。

詳しい研究内容はこちら

「養生片仔癀」によるすい臓疾患に対する効果

発表者:マロッタ F 原田雅義 ベルツセリ J、ルージュ A、アンズロヴィック H 矢内原昇 イデオG

学会名:イタリア膵臓研究学会/場所:イタリア

2001/9/20~22

概要:

薬草療法剤 K-17.22をラットに投与して、すい炎の発症を遅らせ、進行を抑制する効果を組織学的にも分子生物学的レベルでも示唆する結果を得られた。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

「養生片仔癀」による四塩化炭素(CCL4)に起因する肝臓毒性に対する効果 2

発表者:F.Marotta、Y.Rahman-Shield、E.Minelli、A. Helmy、P.Safran、原田雅義(東明会原田病院)

学会名:第37回日本肝臓学会研究会・第4回国際肝硬変肝癌シンポジウム/場所:下関

2001/6/7~9

概要:

四塩化炭素(CCL4)に長時間さらされると肝機能障害を起こすことが知られている。そのCCL4を用いて、実験的に肝臓障害による壊死性炎症を起こしたラットに対して、薬草療法剤 K-17.22を投与したところ、顕著な肝機能の改善がみられた。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

がん

「養生片仔癀」の臨床実験

発表者:ロッタ F 原田雅義 ベルツセリ J、ルージュ A、アンズロヴィック H 矢内原昇 イデオG

学会名:イタリア膵臓研究学会/場所:イタリア

2001/9/20~22

概要:

医師の管理下で、各種肝臓病患者に対して「養生片仔癀」を経口投与。その結果、血中のGPT(ALT)値とGOT(AST)値は、10日間服用することによって著しく減少した。
また試験期間中を通じて、いかなる副作用も認められなかった。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

がん

「養生片仔癀」のC型肝炎に対する治療効果 1

発表者:原田雅義 矢内原昇 F.Marotta 由島一郎 清水秀之 細川勝正 辻美隆 原田圭明 謝心範

学会名:第43回全国日本病院学会/場所:埼玉

2001/10/20

概要:

「養生片仔癀」を服用して10~14日後、195例の各種肝臓疾患の患者のほとんど全員に、顕著なGPT(ALT)値の正常化が認められた。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

がん

「養生片仔癀」による四塩化炭素(CCL4)に起因する肝臓毒性に対する効果 1

発表者:F.マロタ A.ローグ H.アンゾロヴィック M.原田 G.M.イデオ K.梶川 N.矢内原先生 G.プリンセス G.イデオ S. ジュゼッペ病院 α-Ωテクノラボ

学会名:ヨーロッパ肝臓研究学会/場所:イタリア

2001/10/12~13

概要:

四塩化炭素(CCL4)を用いて、実験的に肝臓障害を起こしたラットの酸化ストレス度合いを示すGSH/GSSGの濃度が、薬草療法剤 K-17.22を投与したところ、低下ないし持続的な予防と治療効果のあることが示唆された。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

「内因肝臓酸化防止系に対するK-17.22の栄養学的アプローチの効果」

発表者:F.マロタ、M.原田、N.矢内原、G.M.イデオ、M.G.シール先生、C.C.ウー、P.サフラン、G.Ideo2、肝-消化器部、S. ジュゼッペ病院、MCH病院、矢内原研究所、SFJO&Labs、外科部Vet病院

学会名:イタリア膵臓研究学会/場所:イタリア

2001/9/20~22

概要:

C型肝炎を患うと、トランスアミナーゼ〈ALTとASTをまとめて呼ぶ名前〉の値が低下する。この低下がみられる C型肝炎患者に対して、薬草療法剤 K-17.22を投与すると、虚血再灌流障害(いったん血流が止まり、再び流れ出したときに血管周辺で炎症が起きること)により発生し、肝臓を損傷するフリーラジカルの働きを抑制する効果のあることが示唆された。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

「養生片仔癀」による血中ALT(GPT)とAST(GOT)に対する効果 2

発表者:謝心範、矢内原昇、原田雅義

学会名:西暦2000年国際肝臓学会・アジア太平洋肝臓学会合同会議/場所:福岡

2000/6/2~7

概要:

医師の管理下で、C型ウイルス性肝炎を含む種類の肝臓病患者に対して、1回につき0.5gの「養生片仔癀」を1日に3回、毎食後に経口投与。その結果、10日間服用した被験者のALT(GPT)とAST(GOT)が著しく減少。この期間中、いかなる副作用も認められなかった。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

「養生片仔癀」による血中ALT(GPT)とAST(GOT)に対する効果 1

発表者:謝心範、原田雅義、矢内原昇

学会名:第3回国際臨床ウイルス性肝炎学会/場所:ハワイ

1999/12/12~16

概要:

養生片仔癀は、さまざまな種類の肝臓患者において、増加した血中のALT(GPT)とAST(GOT)を明らかに減少させることが判明した。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

がん

新漢方薬「養生片仔癀」の効果と可能性 2

発表者:謝心範、矢内原昇

学会名:第2回日本代替医療学会学術集会/場所:横浜

1999/10/10~11

概要:

新たに開発された「養生片仔癀」は、新型慢性肝炎をはじめとするさまざまな種類の肝機能異常を、すみやかに改善する可能性が示唆された。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

がん

新漢方薬「養生片仔癀」の効果と可能性 1

発表者:謝心範、矢内原昇

学会名:第16回和漢医薬学会大会/場所:幕張

1999/8/28~29

概要:

新たに開発された「養生片仔癀」は、新型慢性肝炎をはじめとするさまざまな種類の肝機能異常を、すみやかに改善する可能性が示唆された。

詳しい研究内容はこちら

肝臓

腎臓

「田七杜仲精」の有効性

発表者:矢内原昇

学会名:国際伝統医学会 年会/場所:アメリカ

1996/08/15

概要:

「田七杜仲精」は、肝機能や腎機能のみならず、性機能、記憶能力を改善し、胃腸ならびに心臓血管系の障害症状を和らげることが期待されている。