株式会社 協通事業のサイトへ

出典書籍出典書籍

糖尿病

黄帝内経

黄帝内経

題名:《黄帝内経》
著者:作者不詳
現存する中国最古の医学書と呼ばれている。
初版:公元600年
第1次改訂版は唐、宝応元年(公元762年)
第2次改訂版は北宋校正医書局(公元1057~1067)
概要:中国の医学は、長い間の実践をへて、豊富な経験を積み重ね、独特な理論体系を創りあげた。この理論体系は、後代の中医学の学術発展の基礎であり、その中でも、特に人体の生理・病理現象を解釈している陰陽五行説と、人体の内外の環境を統一的に説明している「天人相応」という有機体的生命観とは、臨床医学の上で、終始、指導的役割を果たしてきた。中医学の経典である『黄帝内経』は、中医理論体系の源泉であり、陰陽五行説を用いて人体の生理・病理・診断・治療原則を解釈し、さらに「天人相応」の有機体的生命観によって、人体内外の環境を統一する規範を説明している。そのため、この書は中医学を学習するための必読書となっている。

千金要方

千金要方

題名:備急千金要方
著者:孫思邈(約公元581-公元682)
初版:唐(公元651年)
概要:総合的な臨床医学に関する著作である。中国の唐代までの診療経験を集めた本書は、それ以後の医学の発展に大きく影響してきた。唐代永徴652年に、孫思邈 が本書を編纂した。著者は「命が金より大切」という考えから、「千金」(略称「千金方」)を本書の題名とした。全書30巻で纏められている。また、明代以降、1人の別の著者が『道蔵』を参考にして『千金方』を93巻に詳しく分けたが、その内容はほとんど変らなかった。 第1巻では医学総論及び本草、製薬、第2-4巻では婦人病、第5巻では小児科病、第6巻では七窍病、第7-10巻では諸風、水虫、風邪、第11-20巻では内臓器官による内科病、第21巻では消渇、淋閉等症状、第22巻では疔?痛疽 、第23では痔漏、第24巻では解毒、第25巻では応急の諸技術、第26-27巻では食治と養生に、第28巻では平脈、第29-30巻では鍼灸について、記載されている。総計、233分野で漢方処方が5300ある。本書の中の医学理論、漢方処方自体はより系統的に、『内経』以降から唐代初期までの医学成果をまとめてある。

外台秘要

外台秘要

題名:《外台秘要方》
著者:王焘
初版:唐、天宝十一年(公元752)
概要:中国の唐の時代にさまざまな文献によって編纂された総合的な医学著書である。総計40巻である。著者は王泰で、天宝11年(752年)に完成された。本書は唐代以前、唐代初期の医学著作を取り集めている。本書の中、多くの文献が検討され、これまでの理論、研究を現代の治療法と合理的に結び付けた。1104分野において、漢方処方を6000余を使い、それぞれの処方も理論的に説明されている。本書に使用された引用文献にも、詳しく出処を明示し、大量の唐代以前の医学に関する文献を掲載している。

傷寒論

傷寒論

題名:《傷寒・雑病の論》
著者:張仲景
初版:公元200-205
概要:『傷寒論』は、東漢末(200-205年)に張仲景によって編纂された。張仲景の原作の『傷寒雑病論』が広く伝わっている間に、現代人に注目され、書中の「風邪」、「熱が出る」等の内容が『傷寒論』とされた。全書で、12巻と22篇あり、その中に397法と112の薬方がある。本書は主に、風邪がいったい人体にどんな副作用を与えるか、その病理がどういうふうに変化するか、及びどうやって客観的に治療できるかについて論じている。本書は、多種の風邪による様々な病気の辨証論治を、漢代以前の医学成果・実践的経験に加え、著者自身の臨床経験を結びつけながら系統的に説明し、理法方薬も多く記載されている。理法方薬の基礎を定めた本書は、今現代でも最高水準の医学書の一つとされている。

本草綱目

本草綱目

著者:李時珍(公元1518-1593年)
初版:公元1596年
概要: 『本草綱目』は、明の李時珍によって書かれたもので、彼は、中国医学が世界に誇る薬学者の一人で、一開業医として生涯を送っていたが、本草学に異常な興味を抱き、全国を採取旅行して研究材料を集め、27年がかりで完成したのが『本草綱目』全52巻の大著である。明の李時珍は、従来の本草書の知識を集めるとともに、約1900種の薬用植物、動物、鉱物などを16部60類に分けて、その産地、性質、製薬方、効能などを解説し、また、従来の説に対する批判を加えて、万暦6年(1578)完成し、同18年に刊行。その死後、同31年に再び刊行。この本はたびたび改訂、復刻されたが、現在でも非常に権威のあるものである。


太平聖恵方

太平聖恵方

題名:《圣惠方》
著者:王懐隠など
初版:公元992年
概要:中国宋代の官修方が本書を編纂した。略して『聖恵方』。計100巻。淳化3年(992年)に出版された。本書は北宋代翰林医官院の王懐隠などの医学者が集めた民間的処方を基礎として、北宋以前の多くの文献を参考にしながら完成された。全書、総計1670門、方16834首。脈法、処方薬、内臓病症、内、外、骨、刀傷、妊娠、婦人、児童、丹薬、食治、?益、鍼灸などがまとめられている。本書に含まれている医学方法は、著しく北宋前期の医学レベルを認めた。

聖済総録

聖済総録

題名:《政和聖済総録》
早期公表版:金、大定年間(公元1161~1189)
概要:『聖済総録』また『政和聖済総録』、計200巻。本書は、宋太派詔の『太平聖恵方』の後に宋徴宗によって編纂された。実は本書は、北宋末に政府が多くの医学者に「本を編纂せよ」と命じ、宋徴宗の名で公開されたものである。政和年間(1111-1118年)に、徴宗趙吉が「民間の医学療法を集めよ」と詔書を出し、集められた医学療法に、政府内に珍蔵されている処方を加え、聖済殿の医者が本書を完成させた。全書は、内、外、婦、児、五官、鍼灸、養生、雑治などの66分野がある。本書は2万の薬方を記載した論理的なものでもあり、経験説でもあり、内容がとても豊富である。論理の面では、『内経』、『傷寒論』などの古典を引用したが、その当時の各説が結び付けられたうえで、さらによりよい論述がされた。薬方の面では、民間の経験説と医学者の有利説を求めた。本書、北宋時期医学の進行レベル、学術、思想、傾向、成果を認めた。

済生方

済生方

題名:《厳氏済生方》
著者:厳用和
初版:宋、宝祐元年(公元1253)
概要: 『済生方』又は『厳氏済生方』。著者は宋代の厳用和である。宋宝祐元年(1253年)に完成した。原作は計10巻、なかには、70篇の治療の理論的分析、400の薬方がある。また、咸淳3年(1267年)に完成された『続方』も前書に「備の医学論24篇、薬方90」と編入された。

医心方

医心方

著者:丹波康赖(中国名:劉芳康赖)
初版:日本永観2年(公元984年)
概要:『医心方』は、日本に現存する最古の中国医学に関する書籍である。本書は、早くから失った中国医学の養生治療法に関する古典と精華を200種余取り入れ、「中華医薬集」と言えるような素晴らしい大作になった。『医心方』は日本国の宝物でもあり、中日医学交流の歴史に記録されてその記録に残るだろう。著者は丹波康頼(912-995年)である。彼は東漢?帝以降、日本に移り住み、阿留王の八世孫になった。医学に精通していた彼は、丹波という名を与えられた。彼は、日本の永観2年(北宋太平興国7年又、公元984年)に本書の編纂を完成した。全書30巻、日本で現存する一番古い医学に関する書籍になり、それ以来宮廷医学の医学書にもなり、医学者としての宋波氏の歴史的地位まで固められた。本書は204種の中国医学書籍の精華がまとめられている。その内容の半分は中国では失われていたので、養生、性の医学まで幅広く研究分野を広げた本書の知識が注目された。(その中の性の医学の出現で、本書の中国市場への進出の禁止が十年も続いていた。)

ページトップへ

動脈硬化・高血圧・心筋梗塞・脳梗塞

傷寒論

傷寒論

題名:《傷寒・雑病の論》
著者:張仲景
初版:公元200-205
概要:『傷寒論』は、東漢末(200-205年)に張仲景によって編纂された。張仲景の原作の『傷寒雑病論』が広く伝わっている間に、現代人に注目され、書中の「風邪」、「熱が出る」等の内容が『傷寒論』とされた。全書で、12巻と22篇あり、その中に397法と112の薬方がある。本書は主に、風邪がいったい人体にどんな副作用を与えるか、その病理がどういうふうに変化するか、及びどうやって客観的に治療できるかについて論じている。本書は、多種の風邪による様々な病気の辨証論治を、漢代以前の医学成果・実践的経験に加え、著者自身の臨床経験を結びつけながら系統的に説明し、理法方薬も多く記載されている。理法方薬の基礎を定めた本書は、今現代でも最高水準の医学書の一つとされている。

千金要方

千金要方

題名:備急千金要方
著者:孫思邈(約公元581-公元682)
初版:唐(公元651年)
概要:総合的な臨床医学に関する著作である。中国の唐代までの診療経験を集めた本書は、それ以後の医学の発展に大きく影響してきた。唐代永徴652年に、孫思邈が本書を編纂した。著者は「命が金より大切」という考えから、「千金」(略称「千金方」)を本書の題名とした。全書30巻で纏められている。また、明代以降、1人の別の著者が『道蔵』を参考にして『千金方』を93巻に詳しく分けたが、その内容はほとんど変らなかった。 第1巻では医学総論及び本草、製薬、第2-4巻では婦人病、第5巻では小児科病、第6巻では七窍病、第7-10巻では諸風、水虫、風邪、第11-20巻では内臓器官による内科病、第21巻では消渇、淋閉等症状、第22巻では疔?痛疽 、第23では痔漏、第24巻では解毒、第25巻では応急の諸技術、第26-27巻では食治と養生に、第28巻では平脈、第29-30巻では鍼灸について、記載されている。総計、233分野で漢方処方が5300ある。本書の中の医学理論、漢方処方自体はより系統的に、『内経』以降から唐代初期までの医学成果をまとめてある。

聖済総録

聖済総録

題名:《政和聖済総録》
早期公表版:金、大定年間(公元1161~1189)
概要:『聖済総録』また『政和聖済総録』、計200巻。本書は、宋太派詔の『太平聖恵方』の後に宋徴宗によって編纂された。実は本書は、北宋末に政府が多くの医学者に「本を編纂せよ」と命じ、宋徴宗の名で公開されたものである。政和年間(1111-1118年)に、徴宗趙吉が「民間の医学療法を集めよ」と詔書を出し、集められた医学療法に、政府内に珍蔵されている処方を加え、聖済殿の医者が本書を完成させた。全書は、内、外、婦、児、五官、鍼灸、養生、雑治などの66分野がある。本書は2万の薬方を記載した論理的なものでもあり、経験説でもあり、内容がとても豊富である。論理の面では、『内経』、『傷寒論』などの古典を引用したが、その当時の各説が結び付けられたうえで、さらによりよい論述がされた。薬方の面では、民間の経験説と医学者の有利説を求めた。本書、北宋時期医学の進行レベル、学術、思想、傾向、成果を認めた。

太平聖恵方

太平聖恵方

題名:《圣惠方》
著者:王懐隠など
初版:公元992年
概要:中国宋代の官修方が本書を編纂した。略して『聖恵方』。計100巻。淳化3年(992年)に出版された。本書は北宋代翰林医官院の王懐隠などの医学者が集めた民間的処方を基礎として、北宋以前の多くの文献を参考にしながら完成された。全書、総計1670門、方16834首。脈法、処方薬、内臓病症、内、外、骨、刀傷、妊娠、婦人、児童、丹薬、食治、?益、鍼灸などがまとめられている。本書に含まれている医学方法は、著しく北宋前期の医学レベルを認めた。

済生方

済生方

題名:《厳氏済生方》
著者:厳用和
初版:宋、宝祐元年(公元1253)
概要: 『済生方』又は『厳氏済生方』。著者は宋代の厳用和である。宋宝祐元年(1253年)に完成した。原作は計10巻、なかには、70篇の治療の理論的分析、400の薬方がある。また、咸淳3年(1267年)に完成された『続方』も前書に「備の医学論24篇、薬方90」と編入された。

ページトップへ

生理痛

聖済総録

聖済総録

題名:《政和聖済総録》
早期公表版:金、大定年間(公元1161~1189)
概要:『聖済総録』また『政和聖済総録』、計200巻。本書は、宋太派詔の『太平聖恵方』の後に宋徴宗によって編纂された。実は本書は、北宋末に政府が多くの医学者に「本を編纂せよ」と命じ、宋徴宗の名で公開されたものである。政和年間(1111-1118年)に、徴宗趙吉が「民間の医学療法を集めよ」と詔書を出し、集められた医学療法に、政府内に珍蔵されている処方を加え、聖済殿の医者が本書を完成させた。全書は、内、外、婦、児、五官、鍼灸、養生、雑治などの66分野がある。本書は2万の薬方を記載した論理的なものでもあり、経験説でもあり、内容がとても豊富である。論理の面では、『内経』、『傷寒論』などの古典を引用したが、その当時の各説が結び付けられたうえで、さらによりよい論述がされた。薬方の面では、民間の経験説と医学者の有利説を求めた。本書、北宋時期医学の進行レベル、学術、思想、傾向、成果を認めた。

千金要方

千金要方

題名:備急千金要方
著者:孫思邈(約公元581-公元682)
初版:唐(公元651年)
概要:総合的な臨床医学に関する著作である。中国の唐代までの診療経験を集めた本書は、それ以後の医学の発展に大きく影響してきた。唐代永徴652年に、孫思邈が本書を編纂した。著者は「命が金より大切」という考えから、「千金」(略称「千金方」)を本書の題名とした。全書30巻で纏められている。また、明代以降、1人の別の著者が『道蔵』を参考にして『千金方』を93巻に詳しく分けたが、その内容はほとんど変らなかった。 第1巻では医学総論及び本草、製薬、第2-4巻では婦人病、第5巻では小児科病、第6巻では七窍病、第7-10巻では諸風、水虫、風邪、第11-20巻では内臓器官による内科病、第21巻では消渇、淋閉等症状、第22巻では疔?痛疽 、第23では痔漏、第24巻では解毒、第25巻では応急の諸技術、第26-27巻では食治と養生に、第28巻では平脈、第29-30巻では鍼灸について、記載されている。総計、233分野で漢方処方が5300ある。本書の中の医学理論、漢方処方自体はより系統的に、『内経』以降から唐代初期までの医学成果をまとめてある。

太平聖恵方

太平聖恵方

題名:《圣惠方》
著者:王懐隠など
初版:公元992年
概要:中国宋代の官修方が本書を編纂した。略して『聖恵方』。計100巻。淳化3年(992年)に出版された。本書は北宋代翰林医官院の王懐隠などの医学者が集めた民間的処方を基礎として、北宋以前の多くの文献を参考にしながら完成された。全書、総計1670門、方16834首。脈法、処方薬、内臓病症、内、外、骨、刀傷、妊娠、婦人、児童、丹薬、食治、?益、鍼灸などがまとめられている。本書に含まれている医学方法は、著しく北宋前期の医学レベルを認めた。

聖済総録

聖済総録

題名:《政和聖済総録》
早期公表版:金、大定年間(公元1161~1189)
概要:『聖済総録』また『政和聖済総録』、計200巻。本書は、宋太派詔の『太平聖恵方』の後に宋徴宗によって編纂された。実は本書は、北宋末に政府が多くの医学者に「本を編纂せよ」と命じ、宋徴宗の名で公開されたものである。政和年間(1111-1118年)に、徴宗趙吉が「民間の医学療法を集めよ」と詔書を出し、集められた医学療法に、政府内に珍蔵されている処方を加え、聖済殿の医者が本書を完成させた。全書は、内、外、婦、児、五官、鍼灸、養生、雑治などの66分野がある。本書は2万の薬方を記載した論理的なものでもあり、経験説でもあり、内容がとても豊富である。論理の面では、『内経』、『傷寒論』などの古典を引用したが、その当時の各説が結び付けられたうえで、さらによりよい論述がされた。薬方の面では、民間の経験説と医学者の有利説を求めた。本書、北宋時期医学の進行レベル、学術、思想、傾向、成果を認めた。

ページトップへ

目・肌・髪の潤い・毛髪増量

黄帝内経

黄帝内経

題名:《黄帝内経》
著者:作者不詳
現存する中国最古の医学書と呼ばれている。
初版:公元600年
第1次改訂版は唐、宝応元年(公元762年)
第2次改訂版は北宋校正医書局(公元1057~1067)
概要:中国の医学は、長い間の実践をへて、豊富な経験を積み重ね、独特な理論体系を創りあげた。この理論体系は、後代の中医学の学術発展の基礎であり、その中でも、特に人体の生理・病理現象を解釈している陰陽五行説と、人体の内外の環境を統一的に説明している「天人相応」という有機体的生命観とは、臨床医学の上で、終始、指導的役割を果たしてきた。中医学の経典である『黄帝内経』は、中医理論体系の源泉であり、陰陽五行説を用いて人体の生理・病理・診断・治療原則を解釈し、さらに「天人相応」の有機体的生命観によって、人体内外の環境を統一する規範を説明している。そのため、この書は中医学を学習するための必読書となっている。

聖済総録

聖済総録

題名:《政和聖済総録》
早期公表版:金、大定年間(公元1161~1189)
概要:『聖済総録』また『政和聖済総録』、計200巻。本書は、宋太派詔の『太平聖恵方』の後に宋徴宗によって編纂された。実は本書は、北宋末に政府が多くの医学者に「本を編纂せよ」と命じ、宋徴宗の名で公開されたものである。政和年間(1111-1118年)に、徴宗趙吉が「民間の医学療法を集めよ」と詔書を出し、集められた医学療法に、政府内に珍蔵されている処方を加え、聖済殿の医者が本書を完成させた。全書は、内、外、婦、児、五官、鍼灸、養生、雑治などの66分野がある。本書は2万の薬方を記載した論理的なものでもあり、経験説でもあり、内容がとても豊富である。論理の面では、『内経』、『傷寒論』などの古典を引用したが、その当時の各説が結び付けられたうえで、さらによりよい論述がされた。薬方の面では、民間の経験説と医学者の有利説を求めた。本書、北宋時期医学の進行レベル、学術、思想、傾向、成果を認めた。

ページトップへ

不妊・精子量増減

外台秘要

外台秘要

題名:《外台秘要方》
著者:王焘
初版:唐、天宝十一年(公元752)
概要:中国の唐の時代にさまざまな文献によって編纂された総合的な医学著書である。総計40巻である。著者は王泰で、天宝11年(752年)に完成された。本書は唐代以前、唐代初期の医学著作を取り集めている。本書の中、多くの文献が検討され、これまでの理論、研究を現代の治療法と合理的に結び付けた。1104分野において、漢方処方を6000余を使い、それぞれの処方も理論的に説明されている。本書に使用された引用文献にも、詳しく出処を明示し、大量の唐代以前の医学に関する文献を掲載している。

黄帝内経

黄帝内経

題名:《黄帝内経》
著者:作者不詳
現存する中国最古の医学書と呼ばれている。
初版:公元600年
第1次改訂版は唐、宝応元年(公元762年)
第2次改訂版は北宋校正医書局(公元1057~1067)
概要:中国の医学は、長い間の実践をへて、豊富な経験を積み重ね、独特な理論体系を創りあげた。この理論体系は、後代の中医学の学術発展の基礎であり、その中でも、特に人体の生理・病理現象を解釈している陰陽五行説と、人体の内外の環境を統一的に説明している「天人相応」という有機体的生命観とは、臨床医学の上で、終始、指導的役割を果たしてきた。中医学の経典である『黄帝内経』は、中医理論体系の源泉であり、陰陽五行説を用いて人体の生理・病理・診断・治療原則を解釈し、さらに「天人相応」の有機体的生命観によって、人体内外の環境を統一する規範を説明している。そのため、この書は中医学を学習するための必読書となっている。

太平聖恵方

太平聖恵方

題名:《圣惠方》
著者:王懐隠など
初版:公元992年
概要:中国宋代の官修方が本書を編纂した。略して『聖恵方』。計100巻。淳化3年(992年)に出版された。本書は北宋代翰林医官院の王懐隠などの医学者が集めた民間的処方を基礎として、北宋以前の多くの文献を参考にしながら完成された。全書、総計1670門、方16834首。脈法、処方薬、内臓病症、内、外、骨、刀傷、妊娠、婦人、児童、丹薬、食治、?益、鍼灸などがまとめられている。本書に含まれている医学方法は、著しく北宋前期の医学レベルを認めた。

ページトップへ

腰痛・関節痛・関節硬化・骨粗鬆症

黄帝内経

黄帝内経方

題名:《黄帝内経》
著者:作者不詳
現存する中国最古の医学書と呼ばれている。
初版:公元600年
第1次改訂版は唐、宝応元年(公元762年)
第2次改訂版は北宋校正医書局(公元1057~1067)
概要:中国の医学は、長い間の実践をへて、豊富な経験を積み重ね、独特な理論体系を創りあげた。この理論体系は、後代の中医学の学術発展の基礎であり、その中でも、特に人体の生理・病理現象を解釈している陰陽五行説と、人体の内外の環境を統一的に説明している「天人相応」という有機体的生命観とは、臨床医学の上で、終始、指導的役割を果たしてきた。中医学の経典である『黄帝内経』は、中医理論体系の源泉であり、陰陽五行説を用いて人体の生理・病理・診断・治療原則を解釈し、さらに「天人相応」の有機体的生命観によって、人体内外の環境を統一する規範を説明している。そのため、この書は中医学を学習するための必読書となっている。

千金要方

千金要方

題名:備急千金要方
著者:孫思邈(約公元581-公元682)
初版:唐(公元651年)
概要:総合的な臨床医学に関する著作である。中国の唐代までの診療経験を集めた本書は、それ以後の医学の発展に大きく影響してきた。唐代永徴652年に、孫思邈が本書を編纂した。著者は「命が金より大切」という考えから、「千金」(略称「千金方」)を本書の題名とした。全書30巻で纏められている。また、明代以降、1人の別の著者が『道蔵』を参考にして『千金方』を93巻に詳しく分けたが、その内容はほとんど変らなかった。 第1巻では医学総論及び本草、製薬、第2-4巻では婦人病、第5巻では小児科病、第6巻では七窍病、第7-10巻では諸風、水虫、風邪、第11-20巻では内臓器官による内科病、第21巻では消渇、淋閉等症状、第22巻では疔?痛疽 、第23では痔漏、第24巻では解毒、第25巻では応急の諸技術、第26-27巻では食治と養生に、第28巻では平脈、第29-30巻では鍼灸について、記載されている。総計、233分野で漢方処方が5300ある。本書の中の医学理論、漢方処方自体はより系統的に、『内経』以降から唐代初期までの医学成果をまとめてある。

太平聖恵方

太平聖恵方

題名:《圣惠方》
著者:王懐隠など
初版:公元992年
概要:中国宋代の官修方が本書を編纂した。略して『聖恵方』。計100巻。淳化3年(992年)に出版された。本書は北宋代翰林医官院の王懐隠などの医学者が集めた民間的処方を基礎として、北宋以前の多くの文献を参考にしながら完成された。全書、総計1670門、方16834首。脈法、処方薬、内臓病症、内、外、骨、刀傷、妊娠、婦人、児童、丹薬、食治、?益、鍼灸などがまとめられている。本書に含まれている医学方法は、著しく北宋前期の医学レベルを認めた。

ページトップへ

難聴・聴力減退

黄帝内経

黄帝内経

題名:《黄帝内経》
著者:作者不詳
現存する中国最古の医学書と呼ばれている。
初版:公元600年
第1次改訂版は唐、宝応元年(公元762年)
第2次改訂版は北宋校正医書局(公元1057~1067)
概要:中国の医学は、長い間の実践をへて、豊富な経験を積み重ね、独特な理論体系を創りあげた。この理論体系は、後代の中医学の学術発展の基礎であり、その中でも、特に人体の生理・病理現象を解釈している陰陽五行説と、人体の内外の環境を統一的に説明している「天人相応」という有機体的生命観とは、臨床医学の上で、終始、指導的役割を果たしてきた。中医学の経典である『黄帝内経』は、中医理論体系の源泉であり、陰陽五行説を用いて人体の生理・病理・診断・治療原則を解釈し、さらに「天人相応」の有機体的生命観によって、人体内外の環境を統一する規範を説明している。そのため、この書は中医学を学習するための必読書となっている。

聖済総録

聖済総録

題名:《政和聖済総録》
早期公表版:金、大定年間(公元1161~1189)
概要:『聖済総録』また『政和聖済総録』、計200巻。本書は、宋太派詔の『太平聖恵方』の後に宋徴宗によって編纂された。実は本書は、北宋末に政府が多くの医学者に「本を編纂せよ」と命じ、宋徴宗の名で公開されたものである。政和年間(1111-1118年)に、徴宗趙吉が「民間の医学療法を集めよ」と詔書を出し、集められた医学療法に、政府内に珍蔵されている処方を加え、聖済殿の医者が本書を完成させた。全書は、内、外、婦、児、五官、鍼灸、養生、雑治などの66分野がある。本書は2万の薬方を記載した論理的なものでもあり、経験説でもあり、内容がとても豊富である。論理の面では、『内経』、『傷寒論』などの古典を引用したが、その当時の各説が結び付けられたうえで、さらによりよい論述がされた。薬方の面では、民間の経験説と医学者の有利説を求めた。本書、北宋時期医学の進行レベル、学術、思想、傾向、成果を認めた。

ページトップへ

運動能力の向上

黄帝内経

黄帝内経

題名:《黄帝内経》
著者:作者不詳
現存する中国最古の医学書と呼ばれている。
初版:公元600年
第1次改訂版は唐、宝応元年(公元762年)
第2次改訂版は北宋校正医書局(公元1057~1067)
概要:中国の医学は、長い間の実践をへて、豊富な経験を積み重ね、独特な理論体系を創りあげた。この理論体系は、後代の中医学の学術発展の基礎であり、その中でも、特に人体の生理・病理現象を解釈している陰陽五行説と、人体の内外の環境を統一的に説明している「天人相応」という有機体的生命観とは、臨床医学の上で、終始、指導的役割を果たしてきた。中医学の経典である『黄帝内経』は、中医理論体系の源泉であり、陰陽五行説を用いて人体の生理・病理・診断・治療原則を解釈し、さらに「天人相応」の有機体的生命観によって、人体内外の環境を統一する規範を説明している。そのため、この書は中医学を学習するための必読書となっている。

外台秘要

外台秘要

題名:《外台秘要方》
著者:王焘
初版:唐、天宝十一年(公元752)
概要:中国の唐の時代にさまざまな文献によって編纂された総合的な医学著書である。総計40巻である。著者は王泰で、天宝11年(752年)に完成された。本書は唐代以前、唐代初期の医学著作を取り集めている。本書の中、多くの文献が検討され、これまでの理論、研究を現代の治療法と合理的に結び付けた。1104分野において、漢方処方を6000余を使い、それぞれの処方も理論的に説明されている。本書に使用された引用文献にも、詳しく出処を明示し、大量の唐代以前の医学に関する文献を掲載している。

ページトップへ

疲労回復力の向上

太平聖恵方

太平聖恵方

題名:《圣惠方》
著者:王懐隠など
初版:公元992年
概要:中国宋代の官修方が本書を編纂した。略して『聖恵方』。計100巻。淳化3年(992年)に出版された。本書は北宋代翰林医官院の王懐隠などの医学者が集めた民間的処方を基礎として、北宋以前の多くの文献を参考にしながら完成された。全書、総計1670門、方16834首。脈法、処方薬、内臓病症、内、外、骨、刀傷、妊娠、婦人、児童、丹薬、食治、?益、鍼灸などがまとめられている。本書に含まれている医学方法は、著しく北宋前期の医学レベルを認めた。

外台秘要

外台秘要

題名:《外台秘要方》
著者:王焘
初版:唐、天宝十一年(公元752)
概要:中国の唐の時代にさまざまな文献によって編纂された総合的な医学著書である。総計40巻である。著者は王泰で、天宝11年(752年)に完成された。本書は唐代以前、唐代初期の医学著作を取り集めている。本書の中、多くの文献が検討され、これまでの理論、研究を現代の治療法と合理的に結び付けた。1104分野において、漢方処方を6000余を使い、それぞれの処方も理論的に説明されている。本書に使用された引用文献にも、詳しく出処を明示し、大量の唐代以前の医学に関する文献を掲載している。

黄帝内経

黄帝内経

題名:《黄帝内経》
著者:作者不詳
現存する中国最古の医学書と呼ばれている。
初版:公元600年
第1次改訂版は唐、宝応元年(公元762年)
第2次改訂版は北宋校正医書局(公元1057~1067)
概要:中国の医学は、長い間の実践をへて、豊富な経験を積み重ね、独特な理論体系を創りあげた。この理論体系は、後代の中医学の学術発展の基礎であり、その中でも、特に人体の生理・病理現象を解釈している陰陽五行説と、人体の内外の環境を統一的に説明している「天人相応」という有機体的生命観とは、臨床医学の上で、終始、指導的役割を果たしてきた。中医学の経典である『黄帝内経』は、中医理論体系の源泉であり、陰陽五行説を用いて人体の生理・病理・診断・治療原則を解釈し、さらに「天人相応」の有機体的生命観によって、人体内外の環境を統一する規範を説明している。そのため、この書は中医学を学習するための必読書となっている。

ページトップへ

長寿・若返り

黄帝内経

黄帝内経

題名:《黄帝内経》
著者:作者不詳
現存する中国最古の医学書と呼ばれている。
初版:公元600年
第1次改訂版は唐、宝応元年(公元762年)
第2次改訂版は北宋校正医書局(公元1057~1067)
概要:中国の医学は、長い間の実践をへて、豊富な経験を積み重ね、独特な理論体系を創りあげた。この理論体系は、後代の中医学の学術発展の基礎であり、その中でも、特に人体の生理・病理現象を解釈している陰陽五行説と、人体の内外の環境を統一的に説明している「天人相応」という有機体的生命観とは、臨床医学の上で、終始、指導的役割を果たしてきた。中医学の経典である『黄帝内経』は、中医理論体系の源泉であり、陰陽五行説を用いて人体の生理・病理・診断・治療原則を解釈し、さらに「天人相応」の有機体的生命観によって、人体内外の環境を統一する規範を説明している。そのため、この書は中医学を学習するための必読書となっている。

黄帝内経

黄帝内経

題名:《黄帝内経》
著者:作者不詳
現存する中国最古の医学書と呼ばれている。
初版:公元600年
第1次改訂版は唐、宝応元年(公元762年)
第2次改訂版は北宋校正医書局(公元1057~1067)
概要:中国の医学は、長い間の実践をへて、豊富な経験を積み重ね、独特な理論体系を創りあげた。この理論体系は、後代の中医学の学術発展の基礎であり、その中でも、特に人体の生理・病理現象を解釈している陰陽五行説と、人体の内外の環境を統一的に説明している「天人相応」という有機体的生命観とは、臨床医学の上で、終始、指導的役割を果たしてきた。中医学の経典である『黄帝内経』は、中医理論体系の源泉であり、陰陽五行説を用いて人体の生理・病理・診断・治療原則を解釈し、さらに「天人相応」の有機体的生命観によって、人体内外の環境を統一する規範を説明している。そのため、この書は中医学を学習するための必読書となっている。