株式会社 協通事業のサイトへ

病を知る病を知る

肝臓病を知る

  • 肝臓
  • ウイルス性肝炎(急性・慢性)
  • 薬剤性肝障害
  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)
  • 肝硬変

肝臓は何をするところですか?

肝臓が1日に処理する血液量は、成人で何と2160リットル。1分間に1.5リットルもの血液をろ過し、浄化している計算になります。お風呂の水で換算すると、1日に10回も水を取り替えているのと同じくらいの量です。
24時間、休まず働き続ける肝臓ですが、一言で表現すると、体内における最大の化学工場です。その生命を維持する働きは、500種類以上あると言われ、中でも主な役割は、①老廃物の分離と処理、②解毒作用、③代謝、④エネルギー源の貯蔵、⑤体温の維持、などです。

①は、体内の新陳代謝を促進し、古い赤血球やコレストロールから胆汁をつくるリサイクル機能としても活躍。その胆汁が働くことによって不要なものを体内から追い出し、高血圧や動脈硬化を防いでいます。体内最大のゴミ処理施設といってもいいでしょう。
②は、食べ物と一緒に口から入ってくる細菌や化学物質、薬物などの有害なものを無毒化する働きです。肝臓の解毒作用によって、アルコールも無害な物質に分解されるので、人は体にとっては悪い酒類を楽しむことができるのです。
③は、体内に取り込んだ糖分やタンパク質、脂質などの栄養素を、細胞の材料やエネルギー源に変える働きです。
④は、エネルギー源であるブドウ糖をグリコーゲンに変えて貯蔵し、不足すると再びブドウ糖に戻して全身に送り込みます。
⑤は、こうした肝臓の働きから生じる熱を、効率よく全身の保温に役立てているものです。体が冷える人は、肝臓が弱っていることが考えられます。

よく耳にするGPT(ALT)、GOT(AST)、γ-GTPというのは何ですか?

肝臓は、重要な5つの役割をになう化学工場ですが、そこでは化学反応を促進させるための「酵素」が欠かせません。2000種類にもおよぶ酵素が働いている中でも、特に注目されているのが、GPT(ALT)、GOT(AST)という酵素です。これらは肝細胞がなんらかの理由で障害を受けると、血液中にあふれ出すことから、その酵素の量を調べることによって、肝臓が正常に働いているかどうかが分かります。GPTは、そのすべてが肝細胞の中にあるので、普段は血液の中に出てきません。これが正常値の40を超えると、何らかの理由で肝細胞の膜が破れ、中身が漏れて肝炎を発症している状態となります。その原因としては、「ウイルス感染、アルコール、治療薬の副作用、重金属、人工合成化学物質、脂肪、ガン」などがあげられます。 肝細胞の中には最高で30%しかなく、後りの70%は心臓と筋肉の中にあります。 GOT(AST)値が高くなっただけでは、肝炎を起こしている証拠にはならず、両方の数値が高くなった時、ダブル証明で肝炎を起こしていることが確認できます。その数値が長期におよぶと慢性肝炎から肝硬変、そして肝ガンへと移行するリスクが高くなります。最近では、GPTをALT、GOTをASTとより正確に表記することが多くなってきましたが、意味はまったく同じです。
よくお酒を飲み過ぎるとγ-GTPが高くなるといいますが、これは大きな錯覚で、胆汁分泌に対する酵素なので、アルコールだけではなく、「食事の回数が多くなるとγ-GTPが出る」というのが正解です。ですからγ-GTPが高くなると、肝炎の証明ではなくて、「肝臓の炎症を起こしやすい」という警告になります。胆汁はある種の消化液ですので、扱い切れないと胆嚢に収納され、収納をオーバーしたまま放置すると肝細胞を食べてしまい、肝臓の炎症を起こすリスクが高くなります。胆汁が胆嚢に収納しきれないほどなぜ出るのかというと、物を食べる回数が多すぎるからです。消化活動が連鎖反応を起こし、インスリンも胃液も胆汁も過剰になるので、それらを抑えるのには、食事の回数を減らすことがベストの選択肢となります。

肝臓病には特効薬がないと聞きますが?

その通りです。肝臓ガンにいたる主な原因には、ウイルス性肝炎がありますが、西洋医学では、このウイルスを直撃して全滅させようという方法を採ります。ところがインターフェロン療法を軸に抗ウイルス薬を併用したり、薬の効く時間を長くしたりしても、インターフェロン使用期間中に、これで治る確率は約30%というのが実情です。しかもウイルスが薬に対する抵抗力をつけていく悪循環が始まり、多剤耐性を備えるにつれて治療も難しくなる傾向があります。
そこで漢方養生研究所(KHL)では、人間の生命力、特に肝腎機能強化と健康維持のための漢方健康食品を継続して開発しています。これまでの活動では、肝細胞に炎症が起きた時には、炎症を抑えて修復し、さらに肝細胞の膜を強化しながらいい細胞を生産できるように2種類の養生食品を使い分けての対処方法が良い結果を生むようになってきました。漢方養生研究所(KHL)は、肝腎機能を高めることで健康を維持し、たとえC型肝炎ウイルスと共存していても問題なく健康に過ごせることを願って、日々、地道な研究活動を行っています。
よくお酒を飲み過ぎるとγ-GTPが高くなるといいますが、これは大きな錯覚で、胆汁分泌に対する酵素なので、アルコールだけではなく、「食事の回数が多くなるとγ-GTPが出る」というのが正解です。ですからγ-GTPが高くなると、肝炎の証明ではなくて、「肝臓の炎症を起こしやすい」という警告になります。胆汁はある種の消化液ですので、扱い切れないと胆嚢に収納され、収納をオーバーしたまま放置すると肝細胞を食べてしまい、肝臓の炎症を起こすリスクが高くなります。胆汁が胆嚢に収納しきれないほどなぜ出るのかというと、物を食べる回数が多すぎるからです。消化活動が連鎖反応を起こし、インスリンも胃液も胆汁も過剰になるので、それらを抑えるのには、食事の回数を減らすことがベストの選択肢となります。

【漢方養生研究所は、養生学が人々の健康増進、疾病予防、闘病と回復へ応援の有効性と必要性、生活質の向上、社会の進歩への有意性に関する検証を続け、研究・開発、情報と知識の整理と普及へ引き続き努力をしています。】