株式会社 協通事業のサイトへ

病を知る病を知る

肝臓病を知る

  • 肝臓
  • ウイルス性肝炎(急性・慢性)
  • 薬剤性肝障害
  • 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)
  • 肝硬変

肝硬変とは、どんな病気ですか?

肝硬変というのは、一言でいえば肝臓が繊維化して硬くなり、本来の肝機能が働かなくなる病気です。原因の約80%は慢性肝炎から発生し、それを長期間患うことによって、肝細胞が再生と壊死(えし)を繰り返し、やがて硬い繊維性の隔壁が作られ、肝細胞を取り囲んでいきます。線維化が始まると、いびつな固まりの再生結節(さいせいけっせつ)という凸凹の表面となり、肝臓じたいも縮小して肝機能が低下します。こうなると1分間に1.5リットルもの血液をろ過していた能力が阻害され、肝細胞の数が減少し、肝不全へと至ります。

肝硬変には、自覚症状がないと聞きますけど?

肝臓が「沈黙の臓器」といわれるように、初期にはほとんど自覚症状というものがありません。肝細胞が障害を受けると、残りの肝細胞がそれを補おうとするからで、その時期を「代償性肝硬変」と呼んでいます。症状がないから大丈夫だと過信して、アルコールを控えないで飲んでいると、やがてそれにも限界が訪れ、さまざまな症状が現れてきます。この時期を「非代償性肝硬変」と言います。

肝硬変の症状というのは、どのようなものですか?

GPT(ALT)が異常値を示し、体力の低下、腎機能の衰退が始まり、尿の色も量も変わってきます。これが肝硬変の症状で、すべての老廃物の出口が封鎖されたために起こる現象です。肝臓に血液が流れなくなると、酸素や栄養補給もうまくいかなくなり、全身に症状が現れるようになります。水分が血管から外に出て、お腹に水が溜まる「腹水」、首や胸、上腕などに毛細血管が浮き出て赤い斑点ができる「クモ状血管腫」、肝機能の低下で胆汁の成分のビリルビンの処理ができなくなり、その色素が皮膚や目に沈着して黄色くなる「黄疸(おうだん)」、肝臓でホルモンの分解ができなくなり、男性でも胸が女性のように膨らんでくる「女性化乳房」、女性の場合は膨らまずに月経異常となります。

治療というのは、どのようなものがありますか?

残念ながら、肝硬変になると今のところ肝機能を正常に戻す特効薬はなく、その時点での肝機能を維持する治療が主体となります。「代償性肝硬変」の時期であれば、外来通院も可能で、社会復帰を目指した治療が行われます。ところが、「非代償性肝硬変」となると、入院しての治療が原則となります。

肝臓の繊維化を戻すことはできませんか?

漢方養生研究所(KHL)では、長い間、これらの研究と取り組み、ヨーロッパ、北米、南米の肝臓専門研究・医療機関で行った実験では、当研究所で開発した養生食品が肝臓の繊維化を抑える効果のあることが判明しています。レベル3だった線維化した肝臓が、レベル1以下になったり、あるいは炎症を起こさないまま肝臓値が正常化したりといったケースがあります。数十にのぼる臨床例がありますので、その詳細はこちらをご覧ください。肝硬変が、それを患っている患者にとって絶望ではない可能性を証明しています。
詳しくはこちら

【漢方養生研究所は、養生学が人々の健康増進、疾病予防、闘病と回復へ応援の有効性と必要性、生活質の向上、社会の進歩への有意性に関する検証を続け、研究・開発、情報と知識の整理と普及へ引き続き努力をしています。】