株式会社 協通事業のサイトへ

未病を防ぐ未病を防ぐ

糖尿病を防ぐ

糖尿病とはどのような病気ですか?

だれもが気にしている糖尿病は、初期症状がほとんどないのが特徴で、気がつきにくく、症状が出た時にはかなり進行しているという怖ろしい病気です。進行のステップとしては、2段階が考えられます。   
① 血糖値が高くなる(糖尿病の予備軍、インスリンが関係)   
② 尿から糖分が出て、本当の糖尿病が始まる。      
糖尿病というのは、インスリンというホルモンの働きが低下するために血糖値が高くなる代謝障害です。血糖値が高くなると腎機能が損傷されるところから、糖尿病末期には、透析療法が必要になってきます。自覚症状としては、疲れやすい、だるい、激やせ、トイレに行く回数が増える、のどが渇く、足がつる、といったものです。のどが渇くのは、多くのブドウ糖と一緒に尿(水分)が体外に出てしまうために、失われた水分を補給しようと体が要求するものです。糖尿病は、悪化すると失明したり手足を切断しなければならなくなったりすることもあり、できるだけ早く専門の医師に診てもらうことが必要となってきます。

糖尿病の3大合併症とは何ですか?

糖尿病が悪化して末期になると、糖尿病の3大合併症といわれる「神経障害」「網膜症」「腎症」が起きてきます。    
「神経障害」は、全身の神経が鈍くなるところから、手足がしびれたり、立ちくらみがしたりといった症状が現れ、傷や痛みの感覚がなくなったりします。痛みを感じないということは、けがをしてもヤケドをしても分からなくなるということで、そこから病原菌が侵入して腐る壊疽(えそ)になるために、最悪の場合には、患部を切断しなければならなくなります。    
「網膜症」というのは、高い血糖値が続くと光を感じる網膜の血管が詰まったり破れたりして、酸素や栄養が受け取れなくなり、やがて失明にいたることもあるものです。年間3000人(厚生労働省の統計)もが、この網膜症で中途失明をしているという報告があります。    
「腎症」というのは、腎臓内の毛細血管が動脈硬化を起こすことで腎機能の低下が起こり、進むと人工透析を受けなければならなくなるものです。タンパク質が尿と一緒に出てくることでその兆候が分かり、どんどん血圧が上がり、毛細血管の動脈硬化も進み、さらに排尿が困難となって腎不全へと至ります。貧血になったり、吐き気がしたり、息苦しい、疲れる、だるい、足がむくむ、といった症状が現れます。

糖尿病の予防にはどんなものがありますか?

基本的なものには、1日の摂取カロリーを1.600カロリーに抑える「食事療法」、インスリンを活性化させる「運動療法」、血糖値を下げる「薬物療法」の3つがあげられます。「食事療法」の基本は、とにかくカロリーの摂取量を減らし、カロリーの消耗量を増やすことです。よく暴飲暴食が糖尿病の原因だといわれますが、それは一部であってすべてではありません。肥満の人がすべて糖尿病になるわけではないのと同じです。 「薬物療法」は、残念ながら決定打がないのが実情です。食べ物の吸収速度を遅らせ、食後の血糖値が上がるのを防ぐ薬や、インスリンの分泌を高める薬などがありますが、糖尿病を根治するというのではなく、血糖値の上昇を防ぐのが目的となっています。服用を止めると、再び元の状態に戻ってしまうことが多いのが現状です。
また、老廃物を体外に排出するために、腎機能を機械で補う人工透析治療を受けることになると、腎臓に大きなダメージを与えてしまい、時間的にも経済的にも仕事をする上でも、いわゆる日常生活を送る上で大変な困難と直面することになります。

血糖値を抑えるのに腎機能強化は必要ですか?

透析治療を受ける原因の第一位に、糖尿病腎症があります。腎臓の最大の役割は、血液中の栄養と老廃物を分離し、不要なものを尿と一緒に体外へ排出することです。高血糖状態が続くと、腎臓が損傷を受けて機能が低下し、人工透析を受けて腎臓の代わりをしなければならなくなります。そこで腎機能を糖尿病早期から強化し、血糖値を低く抑えることが重要な課題となってきます。体質改善を目指す漢方養生学は、肝臓腎臓に注目し、体に負担をかけずに少しずつ肝腎機能の強化と損傷の予防に力を注いでいきます。肝腎機能を強化すると、体にとっては害毒となる老廃物をスムーズに体外に排出し、体の細胞にとっては死活問題である栄養と酸素の補給を円滑に進めるようになります。

「温故知新から温故創新へ」出典紹介

黄帝内経

題名:《黄帝内経》
著者:作者不詳
現存する中国最古の医学書と呼ばれている。
初版:公元600年
第1次改訂版は唐、宝応元年(公元762年)
第2次改訂版は北宋校正医書局(公元1057~1067)

千金要方

題名:備急千金要方
著者:孫思邈(約公元581-公元682)
初版:唐(公元651年)

外台秘要

題名:《外台秘要方》
著者:王焘
初版:唐、天宝十一年(公元752)

傷寒論

題名:《傷寒・雑病の論》
著者:張仲景
初版:公元200-205

本草綱目

著者:李時珍(公元1518-1593年)
初版:公元1596年

太平聖恵方

題名:《圣惠方》
著者:王懐隠など
初版:公元992年

聖済総録

題名:《政和聖済総録》
早期公表版:金、大定年間(公元1161~1189)

済生方

題名:《厳氏済生方》
著者:厳用和
初版:宋、宝祐元年(公元1253)

医心方

著者:丹波康赖(中国名:劉芳康赖)
初版:日本永観2年(公元984年)

【漢方養生研究所は、養生学が人々の健康増進、疾病予防、闘病と回復へ応援の有効性と必要性、生活質の向上、社会の進歩への有意性に関する検証を続け、研究・開発、情報と知識の整理と普及へ引き続き努力をしています。】