株式会社 協通事業のサイトへ

未病を防ぐ未病を防ぐ

目・肌・髪の乾燥を防ぐ/毛髪増量

弾力性に富んだ潤いのある肌になるには?

張りと弾力性が感じられる肌の魅力は、どうやったら手に入れられるのでしょうか?もちろん普段からのお手入れが欠かせないのは言うまでもありませんが、お化粧で飾る外面的な美しさだけでなく、もっと内側から湧いてくる生命のエネルギーみたいなものを手に入れられれば、ナチュラルに輝く魅力が生まれてくるはずです。
人体の排出器官は皮膚(汗)と肛門(大便)と尿道(尿)の3つだけ。人の肌は全身を保護するだけでなく、汗を流すという老廃物を吐き出す大きな役目をもあわせ持っています。現代人は、クーラーを筆頭に、自然と隔離された汗を流さない環境に囲まれ、皮膚が本来の役目を果たさない生活を送り、かさかさした乾燥肌をつくる原因の一つとなっています。肌の潤いを保つ角質層は0.2ミリ未満、この角質層がエアコンや紫外線、ストレス、偏食、過労、睡眠不足、食品添加物、人工化学合成物質、薬剤の副作用などによって十分に水分を保つことができなくなると、肌荒れや吹き出物、乾燥肌などの原因となります。汗を流して新陳代謝のパターンを改善することは、肝腎機能の状態によって大きく左右されます。老廃物をため込むのではなく、吐き出すことによってみずみずしい肌が蘇ります。弾力性に富んだ潤いのある肌は、肝腎機能が正常であることのメッセージなのです。

より美しい目になるにはどうしたらいいですか?

肝臓・腎臓の状態を最も反映しているのが目です。漢方では、診断をする時に先ず最初に相手の目を見て、肝腎機能が正常に働いているかどうかを判断します。肝腎機能が健康で、血液循環も新陳代謝も活発な時、目は輝き、活力がみなぎっています。このような状態であれば、人は自然と生命力が横溢してオーラを放っているものです。反対に肝腎機能が弱まり、老廃物がうまく外に排出されずにいる時には、目から輝きが失われます。目が赤くなる時は肝臓が悪く、目がドロンとして死んだ魚のようになっている時は、腎臓に障害が起きている状態です。常に目に美しい輝きを持たせたいと願うのであれば、肝腎機能を健康に保つことが最も早道であるといえます。

しっとりとした黒髪を手に入れるには?

しっとりとした黒髪は、女性にとっては憧れのまと。中国では昔から「髪の毛は血液がつくるもの」と言われています。髪の毛が細い、脱毛が多い、枝毛や切れ毛が気になるといった場合には、血行を良くすることで艶のある美しい髪の毛を取り戻すことができます。それには老廃物を体内にためこまないで排出し、新陳代謝を盛んにすることがとても重要になってきます。ストレスを溜めずに繊維の多い食べ物を摂り、便秘になりにくい腸の状態を保って、基本的な生活スタイルの一新をはかるくらいの気持ちで挑戦してみてください。肌の潤い、目の輝き、黒光りする髪、これらはすべて肝臓・腎臓の健康状態を反映する鏡みたいなものです。外見ばかりではなく、内面の健康を保つことが肌も目も髪も、美しくなるポイントなのです。

「温故知新から温故創新へ」出典紹介

黄帝内経

題名:《黄帝内経》
著者:作者不詳
現存する中国最古の医学書と呼ばれている。
初版:公元600年
第1次改訂版は唐、宝応元年(公元762年)
第2次改訂版北宋校正医書局(公元1057~1067)

聖済総録

題名:《政和聖済総録》
早期公表版:金、大定年間(公元1161~1189) 。

【漢方養生研究所は、養生学が人々の健康増進、疾病予防、闘病と回復へ応援の有効性と必要性、生活質の向上、社会の進歩への有意性に関する検証を続け、研究・開発、情報と知識の整理と普及へ引き続き努力をしています。】