株式会社 協通事業のサイトへ

未病を防ぐ未病を防ぐ

むくみを防ぐ

むくみ(浮腫)とは、どのようなものですか?

むくみの原因では、最も多いのが腎臓過労と腎機能の低下です。むくみは、「腎機能が弱っているので、早く助けて欲しい」と腎臓があなたに訴えているメッセージです。 普段から注意して、腎臓に負担をかけないようにケアしてあげることがとても重要です。

むくみはどのような時に起こりますか?

たとえば、朝、目覚めた時に鏡を見ると、顔がむくんでいることがあります。お酒を飲んだ翌日、あるいは疲労が蓄積していたり、立ち仕事が多かったり、同じ姿勢で長時間過ごしたり、運動不足やクーラーで冷えたりして血行不良になったり、塩分の取りすぎや水の飲み過ぎ、あるいは尿が少なくてもむくみが起こります。軽いむくみなら、余分な水分を細胞の外に排出してあげればいいので、塩分を控えめにし、利尿作用のある生野菜や果物などに多く含まれるカリウムを摂取するだけでもずいぶんと解消されます。漢方の世界では、むくんでいる場所やその程度、朝昼夜といった時間帯などを考慮しながら判断をくだし、腎機能を改善することによってそのほとんどが改善されます。

どうしたら、むくみの解消や予防ができますか?

腎機能を正常に保つのに大いに役立っているのが、漢方養生研究所(KHL)の研究・開発した養生食品です。血液は肝臓でろ過され、さらに腎臓でろ過されて体にとってはゴミである老廃物を体外に排出してから、再び綺麗な血液となって体内をめぐります。こうした新陳代謝が常に活発に行われて健康が維持されますので、新陳代謝のパターンを改善すれば、肝臓・腎臓の解毒効果によって軽い毒消しが行われ、さらに水の代謝が強化されて、むくみが解消されます。解消されると、肌の潤いや目の潤い、髪の潤いが驚くほど蘇ります。
こんな実験を行ってみました。某大手化粧品メーカーの総務部のむくみを訴えるOL達にご協力いただき、養生食品2gを500ccの水に溶かして毎食時に飲んでもらったところ、数週間後に、ほとんどすべての人のむくみが解消されたと同時に、肌の艶が良くなったと口々に言われました。中にはドライアイまで解消されたという人もいました。養生食品は、腎機能のみならず肝機能も健康に保つ働きをしますので、そうしたことが起きてくるのだと言えます。

【漢方養生研究所は、養生学が人々の健康増進、疾病予防、闘病と回復へ応援の有効性と必要性、生活質の向上、社会の進歩への有意性に関する検証を続け、研究・開発、情報と知識の整理と普及へ引き続き努力をしています。】