株式会社 協通事業のサイトへ
今日のニュース
  C型肝炎に関するニュース/09年11.1  
     
  ・妊婦は身ごもる前にC型肝炎の検査を
中国にC型肝炎患者は約3800万人いると調査からわかった。C型肝炎の発症率は上昇する一方で、C型肝炎検査を受診する人は10%しかない。したがって、C型肝炎は健康に「沈黙な殺人者」である。整形美容に行く時はC型肝炎を感染しないよう、十分の注意が必要。
その他、妊婦が身ごもる以前に、夫婦ともC型肝炎ウィルス検査をしたほうが良い。
C型肝炎ウィルスは血液から感染するとされている。同じ髭剃りや歯ブラシなど出血の可能性がある物は共用しないことだ大事。衛生状態の良くないかみそりや、刺青やピアスの穴あけ等C型肝炎の感染ができる。
B型肝炎よりC型肝炎が悪化し、肝硬変、肝がんになりやすいとされる。それに、C型肝炎に罹っても、自覚症状がでないため、治療の良い時期を失うことになる患者が多い。さらに、現在C型肝炎を予防するワクチンはまだ開発されていない。
C型肝炎より肝がんになるリスクが高いが、60%が完治できるという。そのため、定期な健康診断を受けることが重要。ほかに、倦怠感や腹痛、悪心、嘔吐、 食欲不振、体重の減少、筋肉・関節の痛み等の症状が出ると、至急C型肝炎の検査が必要。また、子供の出産計画がある夫婦は、C型肝炎の検査を受けること。

・C型肝炎患者に医療費助成
昨年からC型肝炎患者に(インターフェロン)医療費助成がスタートしたが、その概要と背景を述べる。
その医療費助成は、C型肝炎の感染経路をとわずに受けることができる。そして、薬剤費、診療費、入院費等の自己負担の上限額が月に1~5万円(世帯の収入 による)に定められた。さらに、インターフェロン治療の経験があるC型肝炎患者が再治療しても助成を受けられる。
C型肝炎の原因はC型肝炎ウィルスの感染である。現在、C型肝炎ウィルスを感染した患者が国内で200万人だと推定され、国民病と言われている。また、C 型肝炎は放置すると、肝硬変、肝がんに進化する恐れがあるのだ。そんな恐ろしい病気の発症を防ぐために、まず、C型肝炎の治療が重要である。
C型肝炎ウィルスは血液を介して感染する。また、予防接種での注射針の使い回しなども原因と考えられている。C型肝炎の感染経路が不明な患者もいる。しかも、C型肝炎患者の約50%を占める。
C型肝炎ウィルスに感染しても自覚症状が出ないため、定期的な血液検査を受けるべきである。また、血液のつく可能性のあるものは共用しないよう、注意が必要である。

・コーヒーを飲むことはC型肝炎などの肝臓疾患の進行に関係する
C型肝炎の治療薬として、ペグインターフェロンとリバビリンの抗ウィルス剤が良く知られている。しかし、研究によると、それらのC型肝炎治療薬によってC型肝炎患者の体内からウィルスを取り除くことができなかったという。
一方、研究者は、C型肝炎患者がコーヒーを飲む量が増えるほど、疾患が進行リスクが低くなるといる結果が出た。毎日コーヒーを3杯以上飲んでいると、リスクが53%低下したとか。
コーヒーは肝臓を保護する可能性があると考えられる。まず、血糖を調節するホルモンであるインスリンの活性を変化させ、インスリンの血中値を降低する傾向 がある。そして、抗酸化物成分が多く含めているコーヒーは、C型肝炎患者の体内で細胞を傷つける活性酸素種という物質から肝臓の細胞を保護できるのだ。

・C型肝炎を改善する食事の注意点
C型肝炎の進行を防ぐために、食事面には注意が必要。肝臓に負担をかける食事の摂取を避け、栄養バランスのいい食事を摂ろう。
ウコンには、胆汁の分泌やアルコールの分解を促進する「解毒効果」があるので、C型肝炎患者に良い食品だとされる。だといって、大量に摂取するべき物ではない。
*肝臓に負担をかけるもの
1.食品添加物(弁当、ハム、ソーセージなどの人工食品にある)
2.古い油(過酸化脂質が含む)もしくは油っこい物(揚げ物、炒め物など)
3.農薬(無農薬栽培した野菜・果物を選ぶ)
4.鉄分の多い物(あさり、しじみ等の貝類、ひじき等の海藻、レバー、大豆など)
*肝臓に負担のかけない食生活
1.1日3食、規則正しく食べる
2.栄養はバランス良く摂取
3.脂肪を控える
4.多くの食品数を摂る
5.高たんぱく、適量なカロリー
6.C型肝炎は鉄分の摂りすぎに注意

・喧嘩による出血でC型肝炎の感染に繋がる
フランスの研究者は初回、喧嘩による出血がC型肝炎に感染する可能性があると発表した。その研究結果より、ボクシングやラグビー等のスポーツ項目に新たな考えを持つことになった。
自覚症状のないC型肝炎ウィルスの携帯者から感染されると、急性C型肝炎の発症が可能となる。
フランスでは喧嘩で出血したことよりC型肝炎に感染した患者がいた。50歳の患者で、黄疸が出ったり、熱を出しり等C型肝炎の症状が現れた。
この病歴があったことで、体が損傷し出血の可能性が高いボクシングやラグビー等のスポーツに影響された。これらの運動が行う過程には、感染を避けるために、同じ物で血を拭かないことを研究者が宣伝した。

・肝がんは九割以上B型肝炎C型肝炎が原因
調査により、近年、肝がん患者の年齢が若くなった傾向がある。特に35歳以上の男性に多い。そして、肝がん患者の90%はB型肝炎患者であったことがわっかた。残りの10%もC型肝炎ウィルスに感染されたことがあるのだ。
医療専門家によると、中国は10人に1人がB型肝炎ウィルスを携帯している。大人に対しては、C型肝炎による危害はB型肝炎よりも高いとされる。C型肝炎 に罹っても、自覚症状が出ないため、軽視されやすいので、肝硬変や肝がんに進行することが多い。中国にはC型肝炎ウィルスの携帯した人は3800万人だと 言われている。何か対策を実施しないと、C型肝炎はB型肝炎の代わりに、肝がんに発展する主要な原因になるのだろう。
肝がんになった原因は肝炎以外、過量の飲酒や、糖尿病、過労、ストレス等がある。40~50歳の中年男性は、そういった規則のない生活習慣があるため、肝がんの発症リスクが高いのである。
B型肝炎やC型肝炎、特に肝硬変の合併がある患者は、定期的に医療機関で健康診断を受け、治療を受けるべきだと専門家が発言した。


Author : 東京人間    2009-11-11