株式会社 協通事業のサイトへ
今日のニュース

関連ニュース

☆ 肝硬変に関するニュース 1
☆ 肝硬変に関するニュース 2
☆ 肝硬変に関するニュース 3
☆ 肝硬変に関するニュース 4
☆ 肝硬変に関するニュース 5
☆ 肝臓病に関するニュース 1
☆ 肝硬変に関するニュース 6
☆ 肝硬変に関するニュース 7
☆ 肝硬変に関するニュース 8

  肝硬変に関するニュース/09年11.1  
     
  ・肝硬変の三つの治療法
肝硬変患者は生活している上に、常に体の管理を徹底的にするべきだ。肝硬変患者に、以下の三つの治療法が不可欠である。

肝硬変の安静療法
肝臓は代謝やエネルギーに合成する大切な臓器である。肝細胞が障害され、組織の繊維化が生じ、肝臓の全体に広がり、肝硬変が起こる。肝硬変になると、それに伴う合併症の発病も多く、肝がんに進行する危険性もある。そのため、肝硬変の代償期患者は過労を避け、無代償期患者は床につき休憩することで、肝臓を守れるという。
専門家によると、肝硬変の治療には安静療法のほうが薬物治療法よりも効果的で、肝臓そのものの免疫力を高めることができる。なぜならば、安心して療養している時に、血液の需要が減少し、余った血液が肝臓に戻ることで、肝機能を復帰させるから。

良い機嫌でいること
怒りは肝臓に悪影響を与え、肝硬変患者には避けてほしい。怒っているときに、体内の分泌が乱れ、肝細胞を損傷させることになる。
その他、肝硬変患者は憂鬱や悲しみなどの情緒を上手くコントロールすべきである。良い気分を保つことは疾患に良いとされている。

禁酒
肝臓は唯一アルコールを代謝・分解する働きのある臓器であるため、肝硬変患者にはアルコールは絶対に禁止。アルコールは肝臓に直接な損傷を与えるので、軽視しないように要注意。それに、アルコールの量はどんなに少なくても、肝臓による分解が必要となるという。

・肝硬変悪化の兆しに注意
肝硬変はよくある慢性肝臓病である。肝硬変による合併症で死に至ることが多い。そのため、肝硬変悪化に早期発見が重要。
慢性肝臓障害や肝硬変の患者に、以下のような悪化する症状が現れると、至急に医療機関で肝硬変検査と肝硬変治療を受けるべきである。

①酷い疲労感を感じ、自分の世話が難しくなった場合
②食欲不振が酷くなり、1日主食の摂取量は200g未満の場合
③夜中腹部の張りが酷くなり、不眠症なり、呼吸が辛くなった場合
④出血、糞が黒くなった場合
⑤顔面・下半身のむくみ、腹水が出た場合
⑥尿が少なくなった場合(1日500ml以下)
⑦低熱が出た場合
⑧血糖が低下し、対応できなくなった場合
⑨精神状態が異常、計算能力が低下の場合(肝性脳症や昏睡状態に陥ることに注意)
⑩黄疸の再発生の場合

以上が肝硬変がさらに悪化する危険性がある症状である。肝硬変患者は治療を受けながら、バランス良く食事を摂り、認定された薬を服用すること。肝庇護薬と治療薬、漢方薬の併用は禁止。

・遠回りせず肝硬変を治療
肝硬変は良くある病気で、治療するのは困難である。肝硬変が起こる主な原因として、B型肝炎、C型肝炎、脂肪肝、アルコール中毒がある。現在における治療法は多いが、効果的な薬物と治療法が欠乏している。肝臓障害に罹った患者は正しい治療常識を知らないので、多種類の薬物を併用したり、随意に薬物を服用したりして、肝硬変治療上の問題を起こしてしまう。費用を多くかかったのに、病気は治らないことになる。遠回りせずに、正しい治療に心がけが必要。
次に、多種類の薬物を併用、乱用はしないこと。肝硬変にかかると、病態が長くて複雑で、治療が困難になる。そのため、早めに完治できるように、多種類の薬を併用する肝硬変患者がいる。その結果、肝臓の負担をかけ、病気が酷くなるのだ。
最後に、徹底的に治療を受けること。一時的な効果を求めると、腹水は治ったが、再びまた繰り返して発生することになる。だから、肝硬変患者は焦らずに、徹底的な治療を受けることが大事。

・肝硬変患者が受ける定期的な検査
肝硬変患者には定期的な健康診断や検査が不可欠。肝硬変患者が受ける一般的な検査は以下の3つあります。

①血液生科学検査
②画像検査
③血液学的検査

初期の無症状の肝硬変患者に検査の頻度は年に1回。肝臓の周りが普段と違う感じ、体がだるい等の症状の出た肝硬変患者は半年に1回。肝硬変から肝がんに進行傾向のある肝硬変患者は月に1回、検査を受けるべきだ。

・肝硬変は伝染するのか?
肝硬変は大体B型肝炎ウィルスが原因で引き起こしたことが多い。B型肝炎より、伝染する可能性が高いとされる。感染経路として、血液、唾液、精液、母乳などがある。
また、肝硬変は他に様々の原因で起こる慢性損害である。そのため、肝硬変は伝染するかしないかは、肝硬変の発病原因によるのだ。B型肝炎により起こした 肝硬変は、その患者の家族にも検査が必要とされる。状態に応じて、B型肝炎ワクチンの注射で予防する。それに、できれば家族の人を患者と隔離することと、患者と食器の共用を避けること。B型肝炎で発症した肝硬変患者が、コックや食品加工、食品販売等の仕事はしないように要注意。

Author : 東京人間    2009-11-11