株式会社 協通事業のサイトへ
今日のニュース
  腎臓病に関するニュース/09年12.1  
     
 

・ACE阻害薬に腎機能障害の抑制作用

アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬の投与では、腎機能障害がより進みにくくなることが知られている。ACE阻害薬が腎機能障害を直接抑制している場合以外に、予後に優れた腎疾患に投薬されているケースも考えられる。
このような問題点について無作為化二重盲験試験(RCT)を行えば、解決できるという。しかし、ランダム化に対する倫理的、コストなどの問題ではRCTの実施が困難になることが多い。
その状況の中、東京女子医科大学の研究チームは、傾向スコア分析の統計手法を利用してACE阻害薬の腎機能障害抑制作用を検討した。
傾向スコア分析とは、比較する2群間で予め規定因子を定め、2群間の性質や状態が同じようになるようそれらの因子でグループの要素を抽出した上で、両群を比べる統計学的手法。これについては、ランダム化による比較試験に近い結果が得られることが期待できるとの見解であった。
傾向スコア分析は、降圧剤を投与し、投与前後の血清クレアチニン値を測定していた641人の腎機能障害患者を対象にした。中に320人の腎機能障害患者はACE阻害薬を投与し、321人は非使用。研究チームは、傾向スコアの因子には腎機能障害に関与すると思われる34項目の因子を決め、これらの因子とエンドポイントとの関係をロジスティック解析し、各因子の係数を算出した。また、34項目の因子は年齢、性、薬剤投与開始時の血清クレアチニン値、尿中蛋白、 IgA腎症などの原疾患、カルシウム拮抗薬といった治療薬、高尿酸血症などの合併症と決め、エンドポイントは、投薬開始時における血清クレアチニン値が 1mg/dl上昇した時とした。
641人の中から傾向スコアが近似する250人の患者(ACE阻害薬の使用患者125人、非使用患者125人)が選ばれ、研究チームはACE阻害薬の使用 と非使用の各群でKaplan-Meier生存曲線によるエンドポイント回避率を比較した。結果に、ACE阻害薬使用群は非使用群より有意に回避率が高かったという。そして、血圧や血清クレアチニン値についてのサブ解析も行われた。血圧130/85mmHg以上(161人)とそれ未満(89人)に分けてエンドポイント回避率をみると、ともに使用群のほうが有意に高かった(それぞれp<0.001、p<0.005)。また、投薬開始時の血清クレアチニン値 が2mg/dl以上(81人)とそれ未満(169人)に分けてみても、両方とも使用群のほうが有意に高かった(ともにp<0.001)。
研究結果によって研究チームは、「ACE阻害薬が腎機能障害抑制作用を有することが示唆され、同薬の腎保護作用は血圧や血清クレアチニン値に非依存的に有効であると推察される」と語っていた。

 

・腎機能障害の4つの食事法

*低たんぱく質
腎機能障害患者には、トウモロコシやジャガイモに含まれるでんぷん、高カロリーと低たんぱく質の食物を主なカロリー摂取源にすることが奨励される。高カロリーで低たんぱく質の食物はサトイモ、れんこん、かぼちゃなどが挙げられる。非必須アミノ酸が多く含まれる食物の摂取制限も必要となるという。
*低塩分、低ナトリウム
特に慢性腎機能障害に高血圧が合併している患者には、塩分とナトリウムが豊富に含まれる食物の摂取制限が奨励される。ただ、利尿薬を投与しているときや、 嘔吐と下痢の症状が現われているときは、塩分とナトリウムの摂取制限が必要でなくなるという。
*高カルシウム、低リン
一部の腎機能障害患者には骨粗しょう症が発生しやすいため、高カルシウムで低リンの食物が理想の食事。高カルシウム食物は牛乳、緑色の野菜などが挙げられる。
*体内水分のバランスを保つ
水分の摂取過剰は、排泄障害や浮腫などを起こす可能性があるという。

 

・お酒は腎機能障害を予防できる可能性

アメリカでの研究によれば、適当な飲酒量は男性に腎機能障害予防効果がある。研究は1.1万人の男性を対象に血液検査と腎機能障害に関するアンケート調査を行った。結果に、週に瓶ビールを7本、または7本以上飲んでいる人は、1杯または全然飲んでいない人より、血液中クレアチニン値が上昇する可能性が30%低くなることを確立した。血液中クレアチニン値が上昇するのは腎機能障害を意味するという。

 

・いつもオシッコを我慢していると腎機能障害になりやすい

オシッコを我慢するのは腎機能障害を引き起こすという。
尿は腎臓での代謝の産物で、腎臓はこの尿を出す方法で体に必要以上の水分、体内の有害物質などを処理している。尿は膀胱にたまっていき、一定の量に達すると、体はオシッコをしたいと感じる。オシッコを我慢するのがよくみられるが、尿量が多くなるほど膀胱への圧力が大きくなることで、腎臓による体内廃物の排泄機能が悪影響されて腎機能障害が起きる。

 



Author:東京人間 2009-12-10