株式会社 協通事業のサイトへ
今日のニュース
  糖尿病について  
     
 

概説
糖尿病は、すい臓で作られるインスリンの作用不足によって慢性的に血液中に含まれる糖(血糖値)の高い状態が長く継続する代謝疾患です。簡単に言うと、糖尿病とは上手くブドウ糖を取り入れられない病気です。
インスリンは、体内で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように調節する働きがあります。また、細胞が血液中からブドウ糖を取り込んでエネルギーとして利用することを助けているのです。ブドウ糖をコントロールしているインスリンの作用が低下すると、体はブドウ糖を利用できなくなり、血液中のブドウ糖濃度が高くなってしまい、いわゆる高血糖です。その結果、糖尿病にかかるのです。
糖尿病は様々な合併症をきたす可能性の高い病気です。それに、その合併症の治療は困難だと言われているので、早期発見と治療は不可欠です。

糖尿病の合併症
糖尿病の合併症は大きな問題になっています。糖尿病を長期間治療などを行わないと、重症になることで合併症が起こります。
糖尿病が原因で腎臓障害や視覚障害などが発生することが多いです。また、糖尿病により、糖尿病と同じ危険因子を持った高血圧の発症リスクも高いとされます。
さらに、糖尿病の3大合併症として、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症があります。
その他、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞、感染症、糖尿病腎症、神経障害(手足のしびれ・壊疽など)、皮膚の病気、下肢閉塞性動脈硬化症等の合併症の発症例があります。

糖尿病の症状
糖尿病に罹っても、最初は痛みなどの自覚症状が出ないことが多いです。糖尿病に罹ると、大量のブドウ糖を排出するため、尿の量や回数が増えてのどが渇きやすいです。また、エネルギー不足で倦怠感や疲労感を感じ、体重が急激に減ることも多いです。
その他、糖尿病の症状として尿に糖が出ることや、立ちくらみ、手足のしびれ、インポテンツ(性欲減退)、月経異常、目がかすむようなの視力障害などが現れることがあります。

糖尿病の分類
糖尿病は以下の4つに分類されます。
*1型糖尿病(すい臓がインスリンを全く作らないことによって起こった糖尿病)
*2型糖尿病(インスリン不足でブドウ糖が上手く取り入れられなくなることによって起こった糖尿病で、糖尿病患者の約95%を占めます。)
*遺伝子の異常やほかの病気が原因の糖尿病(遺伝子の異常や肝臓・すい臓の病気、感染症、免疫の異常等が原因で引き起こした糖尿病)
*妊娠糖尿病(妊娠時に現れる糖尿病)

糖尿病原因
糖尿病は生活習慣病の一つで、日常の生活習慣が大きな誘因となっています。外食やアルコールの飲みすぎ、食べ過ぎ、運動不足等糖尿病を招きやすいです。
1型糖尿病の原因はまだ不明ですが、遺伝や環境が原因だとされています。
2型糖尿病は内臓脂肪の増加や運動不足による肥満が主要な原因とされています。その他、遺伝子や環境、ストレス、加齢等も原因だと言われています。
糖尿病の発症には遺伝的な素因も深く関係しているため、家族に糖尿病患者がいる場合には要注意です。

糖尿病の診断
空腹時の正常血糖値は110mg/dL未満とされます。通常は判定を2回繰り返し、血糖値の2回とも糖尿病型であれば、糖尿病と診断されます。以下の場合は糖尿病型と判定されます。
①早期空腹時血糖値(朝食を食べる前の血糖値)が126mg/dL以上の場合
②糖負荷試験という検査(75gOGTT)の2時間値が200mg/dL以上の場合
③随時血糖値(任意の時間に採血した血糖値)が200mg/dL以上の場合

糖尿病の予防
近年、糖尿病は大人だけの病気ではなく、子供にも増加しています。生活習慣の悪化が糖尿病の原因と考えるため、規則正しい生活習慣を身につけ、糖尿病を予防しましょう。
まずは、糖尿病を予防する食事をバランス良く摂りましょう。
*緑黄色野菜を摂ること(1日350g以上に)
*亜鉛を十分に摂ること(インスリンを作り、インスリンの働きを持続される)
*タウリンを摂ること(インスリンの分泌を良くする)
*薄味の食事を摂ること
*決まった時間に時間をかけてゆっくり食事をすること
*2型糖尿病の予防に役に立つアディポネクチンを増やすこと(マグネシウム・食物繊維を多く含む海藻類、青魚、大豆など)
*甘いものや脂っぽい食事を避けること
*食べ過ぎないように注意すること
*適度の運動をすること

糖尿病の治療
糖尿病の治療法として、初期段階なら食事療法と運動療法があります。また、糖尿病が進行すると、薬物療法が必要となります。

*食事療法
食事療法は糖尿病治療の基本的な治療法です。バランス良く適切なエネルギー量を摂ることにより、血糖の大幅な上昇を避けるとともに、肥満を解消・防止することができます。また、食べ過ぎに注意し、自分にあった分量の食事を摂るように注意が必要です。
さらに、適量のビタミン、タンパク質、ミネラルを摂取しましょう。

*運動療法
運動療法は食事療法と共に糖尿病治療の基本となり、重要なことです。運動をすることで、筋肉はやせて、脂肪の多い体になる「隠れ肥満」を避けてくれます。 隠れ肥満だと基礎代謝が減り、エネルギー量が少なくなります。適度の運動をすることによって体についた中性脂肪を減らし、筋肉をつけ、インスリンレベルが良くなり、血糖降下に繋がります。
また、糖尿病だけでなく、高血圧、高脂血症などの合併症を予防するには、適度の運動をしましょう。糖尿病の治療に良い運動としてストレッチ運動や心肺機能を増強され、余分な脂肪を減らす効果のある有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、自転車運動、エアロビクス等)、筋肉を鍛えることで、多く効き方の糖分を消費できる無酸素運動(腕立て伏せ、ウェートトレーニング、スロートレーニング等)があります。適正な体重、血圧、脂質を保ち続けることが重要です。

*薬物療法
食事療法と運動療法で血糖が上手く下がらない場合には、血糖降下薬やインスリン注射などの薬物療法用いられています。
血糖降下薬には色々ありますが、糖尿病患者の血糖値や体質に合わせて、服用するようして注意しましょう。
1型糖尿病の場合、体内でインスリンを作れないため、必ずインスリン注射が必要になります。日本ではインスリンは皮下に注射します。
血糖値が正常値に近づけることで、高血糖によって起こる様々な合併症を防ぐことができます。その条件としては、早期に糖尿病を発見し治療することです。そして、定期的な健康診断を受けることは最も大切です。

Author : 東京人間    2009-11-11