株式会社 協通事業のサイトへ
今日のニュース
  肝硬変について  
     
 

概説
肝硬変は、肝臓が硬くなり、外観が萎縮し、表面は凹凸不整になった状態を指します。肝炎などの慢性肝障害が進行したことによって肝臓は、ダメージを繰 り返して受けます。その結果、肝細胞が死に、組織の繊維化が生じて肝臓全体に広がって肝硬変が発症したのです。肝硬変は、進行中に肝不全になり、「黄疸」が出て、「腹水」が溜まることがあります。また肝硬変では、肝臓の解毒力が低下し、血液中のアンモニアが増え、意識がはっ きりしないという「肝性脳症や肝性昏睡」になることも多いです。さらに、肝硬変は肝臓病の始末期と言われ、肝がんに進行する可能性が高い病気です。
肝臓は、解毒作用や、必要のないものを排泄して胆汁の生成、摂取した物をエネルギーに変えるなどの働きがある大切な臓器です。肝臓は再生能力がありますが、肝硬変ではその再生ができなくなって死に至ることがありえる。現在、肝硬変を徹底的に治療する方法はまだ開発されていない。

肝硬変の症状
初期症状が軽症で、肝硬変に罹っても自覚しない患者がいます。肝硬変症状は食欲不振、倦怠感、微熱、腹痛、体重の減少などがあります。一般的に、肝硬変が 悪化すると、尿の色が濃く、クモ状血管腫、手掌紅斑(手のひらのふくらんだ部分が赤くなること)症状が出ることがあります。また、肝硬変症状が進行することにより、肝機能の低下が表面化し、黄疸(おうだん)や腹水(ふくすい)、吐血(とけつ)食道動脈瘤や全身の倦怠感などの肝硬変特有の症状も見られるようになります。

肝硬変の検査と診断
肝硬変の検査は、肝硬変患者に腹腔鏡検査や肝生検を繰り返し行い、顕微鏡検査で診断を確定します。しかし、それは簡単なことではありません。通常に血液生化学的 検査、血液学的検査、画像検査などから情報を得て、総合的に肝硬変を判断して診断するのです。
肝硬変により、肝不全症状(黄疸、腹水、浮腫、肝性脳症、消化管出血など)の有無から代償性と非代償性に分けられています。肝硬変の治療方針の決定、生活指導を行う場合には、病態の重症度判定が最も大事です。

肝硬変の原因
肝硬変の原因となる病気としては、ウィルス性肝炎が良く知られています。ウィルス性肝炎による慢性肝炎とアルコール性肝障害などが災いの元となります。
肝硬変の原因は、肝臓の再生能力にあるとも言えます。その再生能力の働きは損傷した組織をリフレッシュさせ、肝臓全体の機能を恒常的に維持することです。 しかし、病気や規則のない生活習慣などにより再生した細胞がまた傷ついてしまう状況になります。再生と損傷が繰り返されることで、肝細胞が硬くなっていき、肝細胞は硬化し繊維状の組織を形成していきます。したがって、肝機能が低下し、肝硬変に発展するのです。

肝硬変の予防
肝硬変を予防するのに、肝硬変を起こした肝炎や、脂肪肝を完治するまで治療を続けることが重要です。
また、それら肝臓の病気に罹っても、自覚症状が現れにくいので、定期的に、血液生化学検査や肝炎ウィルス検査等の健康診断を受けたほうが良いでしょう。
日常生活においては、アルコールの過度摂取や、食品添加物の多い加工食品の摂りすぎに注意が必要です。また、たんぱく質、糖質、脂肪、ビタミン、ミネラル類、食物繊維などの栄養バランスを考えた食事をとるようにしましょう。
肝臓の機能を強化するものとして、ウコン、タウリン、マリアアザミ等があります。肝臓の再生を助ける働きもすると言われています。

肝硬変の治療
肝硬変は、代償性と非代償性で治療方針が異なりますが、病態を悪化させないよう、または改善するように、日常生活習慣から注意することが大切です。過労を避け、バランスの良い食事をとり、規則正しい生活をするようにしましょう。

*食事療法
1.カロリー・たんぱく質の不足を避け、体重を維持すること。
2.ビタミン・ミネラルの欠乏を防ぐこと。
3.禁酒すること。
4.食事の回数を増やすこと。
5.適度の運動をすること。

*薬物療法
肝硬変に治療する専門的な薬物はありませんが、肝障害の重症度に応じて、以下の治療薬があります。
プロヘパール(肝臓加水分解物)
アデラビン9号(肝臓抽出薬)
ウルソ/ウルソデオキシコール酸(胆汁酸製剤)
グリチルリチン製剤(内服薬がグリチロン
注射薬が強力ネオミノファーゲンC)

必要となる時にこれらの肝庇護薬(肝臓用薬)の多剤服用、もしくは静脈注射を併用する場合もあります。そういった治療によって、肝がんの合併を抑制することができると考えられます。

Author : 東京人間    2009-11-27