株式会社 協通事業のサイトへ
今日のニュース
  がんについて  
     
 

概説
がんは悪性と良性との2つの特性を持っている。
悪性のがんは「悪性腫瘍」とも呼ばれている。この悪性のがんは「自律的増殖」、「転移」、「浸潤」などの特徴がある。特に悪性のがんは、体に必要な栄養成分を奪ってしまうという「悪液質」の特徴をも持っている。良性のがんは「良性腫瘍」とも呼ばれており、「悪性腫瘍」と比べて「転移」と「浸潤」と「悪液質」との特徴を持たなく、「自律的増殖」の特徴しか持ってい ない。良性のがんの代表的なものとして「ポリープ」が挙げられ、治療方法としては、ある程度まで大きく成長させてから切除という方法である。

分類と名称
ここで主にがんができた部位による分類を紹介する:「癌腫」「肉腫」「造血器腫瘍」
「癌腫」
癌腫は一般的な「がん」と呼ばれる上皮細胞に出来るものを指している。「胃がん」「肺がん」「大腸がん」などが癌腫となる。また、癌腫はがんの中でも、最 も多いがんといわれている。人間の上皮細胞は様々な原因で刺激を受けやすくてがんにもなりやすいためである。
「肉腫」
肉腫は上皮と繋がっていない骨や軟部組織でできたがんを指している。骨肉種、神経肉腫、リンパ管肉腫などが挙げられる。また、肉腫は発見し難いがんといわ れ、良性と悪性の区別をつけ難いという特長もあるため、診断には専門医から詳細な検査を受ける必要がある。
「造血器腫瘍」
造血器腫瘍は「血液がん」とも呼ばれる血液中でできたがんを指している。「白血病」「悪性リンパ腫」「多発性骨髄腫」などが造血器腫瘍にあたる。
また、がんは「成人のがん」と「幼児期のがん」との分け方もされている。「成人のがん」は、肝がん、乳がん、肺がん、胃がんのようなよく見られているがん を指す。幼児期にも発症するがんを「幼児期のがん」という。上皮性腫、白血病、肝がんなどが挙げられる。

発生要因
がんの発生原因は、遺伝子であるDNAが突然変異をして異常な細胞である「腫瘍(がん)」が発生するなどが挙げられる。
その突然変異の原因としては、通常の細胞分裂の際に偶発的に発生することや、遺伝的な要因、化学物質やウイルスなどによって細胞分裂の際にがんの発生する確率が上がることなどが明らかにされている。

がんを予防する食生活と生活習慣
*偏った食生活をしない
*ビタミンを取ってがんの転移を防ぐ
*食べ過ぎない(脂肪を摂取し過ぎない)
*お酒を飲みすぎない
*タバコを吸いすぎない
*カビやこげのある食べ物を避ける
*日光に当たり過ぎない
*適度に運動をして体を強くする
*がんを予防する食べ物とは、食物繊維が豊富に含まれている野菜や果物を指す。

症状
がんは初期症状がほとんどない。がんの怖いところは、この初期には、ほとんど自覚症状がないことである。ふつうの病気であれば、発熱や痛みなどの症状が現 われるが、がんの場合は、発症してもまったく症状が現われないことが多い。はっきりした症状が現われたときは、すでに手遅れといった状態になっていること はよくある。それによってがんは、発生からの時間により、治りやすい早期、治りにくい中期、ほとんど治らない末期にわけられている。
がんには予防、がん治療には早期発見が重要。現在、早期発見をすれば、がんはかなりの率で治され、がんの再発率をも抑えることができる。がんの発見が早け れば早いほど、治る確率が高くなる。したがって、がんの予防には、日常生活での注意と、がんの早期発見のための定期健診の2つが大きな柱になっている。そ れに、日常生活での注意点の中心となるのは、食生活と嗜好品と運動の3つである。

治療
がんの治療方法は主に次のように挙げられる。「外科手術」、「化学療法」、「放射線療法」、「免疫療法」、「補助的療法」(痛みをコントロールすることや心理療法)、「ウィルス治療」。


Author : 東京人間 2009-11-11