株式会社 協通事業のサイトへ
今日のニュース
  がん予防について  
     
 

がんは世界で予防できるものといわれている。がんの予防方法とは、よく耳にする「良好な飲食 習慣による予防」、「運動による予防」、「体重を保つことで予防する」などである。関係のデータによれば、よく見られるがんの病気は先進国と発展途上国でそれぞれ、三分の一、四分の一が予防できるとされている。

*飲食習慣によるがん予防の13ヵ条
①ブロッコリーをよく食べる。
抗がん食品としてはブロッコリーが推奨されている。
注意:スペインでの研究によれば、ブロッコリーを電子レンジで加熱すると、中に含まれる抗がん物質が97%破壊される。そのため、生で食べたほうががん予防に効果的という。
②何を食べてもにんにくを少し入れよう。
にんにくは硫黄化合物を含んでおり、人の免疫システムに刺激して抗がん作用を持つ。
③キュウイをよく食べる。
キュウイが抗がん・抗酸化果物で、中にビタミンCとE、ルテインが豊富に含まれている。
④ぶどうをよく食べる。
注意:ぶどうはがん予防に役立つが、ぶどうが原料であるワインは乳がんリスクを増加させる可能性がある。
⑤ビタミンを補給。
多くの研究成果は、「理想のビタミンレベルは人の免疫システムを促進してがん予防に役立つ」と示している。
⑥みかん類食物をよく摂取する。
オーストラリアでの研究によれば、みかん類食物をよく摂取することでは、口腔がん、胃がん、喉頭がんなどの発症率が50%低くなることが可能である。
⑦毎日1分間太陽を浴びよう。
こうした大自然の力を通して体は必要なビタミンDを吸収でき、がん予防を助ける。
⑧肺がんの予防
週にメロンを1個食べる。メロンの肺がん予防効果は、中にカロテンが含まれているからである。
⑨胃がんの予防
夜にビールを一杯飲む。
注意:過剰摂取は逆効果が生じ、口腔がん、食道がん、肝がん、乳がんなどのリスクを増加させることがありえる。
⑩結腸がんの予防
水をたくさん飲む。成人男性は毎日、240g×6杯の水を飲んでいれば、膀胱がんにかかる確率が50%減ることが実験によって実証されている。また、女性には水での結腸がん予防効果が45%あるという。
⑪肝臓、腎臓のがん化を防ぐ。
できるだけ洋服をクリーニングではなくて水洗いする。クリーニングに使われている化学物質は肝、腎機能障害を引き起こしてがん化させる働きがあるという。
⑫子宮がんの予防
子宮がんの主な原因は、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)とされている。女性はHPVに感染しやすく、特に性行為時に十分に注意が必要という。
⑬乳がんの予防
晩ご飯の後に30分散歩しよう。研究によれば、運動では女性ホルモンレベルが低下して乳がんリスクが小さくなる。

*適切な生活習慣によるがん予防の4ヵ条

①タバコとお酒をやめる。 世界保健機関(WHO)によれば、今から世界の人々がタバコをやめるとしたら、5年後にがんの発症が三分の一減る。 タバコとお酒は酸性で、それによる酸性体質ではがんにかかりやすい。
②ストレスがたまらないように注意する。漢方の考え方によれば、ストレスは疲労感、内分泌異常、代謝機能の異常、酸性物質の蓄積などを引き起こし、人間にがんを発症させやすい。
③がんにかかりやすい酸性体質にならないように、よく運動をして汗をいっぱいかくことが推奨される。それは、体内の酸性物質が汗と共に体外へ排出されるというから。
④がんになりにくい弱アルカリ性体質を作るのに、規則正しい生活をすることが基本である。